「グラン・トリノ」

「グラン・トリノ」観て来ました。
公式HP。

公開間もない作品なので何も感想知りたくない
方はすっ飛ばしてくださいね。


小品ですが良かったです
イーストウッドの解りやすい系の作品でした
ストレートですがそこにある思いは深いなぁと、
現代の御伽噺みたいだなと感じつつも、いいよなこういうのと思わせてもらいました。
イーストウッドらしい男臭さ満載なのでそれが好みの方にはお勧めですよ
私は好きなので凄く楽しめました。

画面で彼を観られるのはやっぱりいい!
難しいだろうけどもっと出演して欲しいですね~。


以下ネタバレ要素あるかもなので注意。




「許されざる者」から10年以上
力で抑え込んだウイリアム・マニーとは違い
今の決着の付け方はこれなんだな・・・と
より深い想いがありましたよ。
あと「アメリカの男の会話」は結構難しいんだね~。


新しい新宿ピカデリーで観たんですがここはやっぱり良いです
前の人の頭が全然邪魔にならない席の高さ、最高です
前にデカイ男の人が座ってしまっても大丈夫なのが本当に嬉しい。
近い劇場で観たいの上映していてもここでもやってるならここへ来ます
ポイント付くのもいいし、上映前後で無印カフェでくつろげるのもいいですよね。

日本一絵が上手い漫画家。

起きたら素晴らしい天気だったので
昨日届いていた木製ラックをベランダに設置、
予想以上にいい感じで、遮光ネットも取り付け植物を置きました
これでコジロウに食われたり、転がされたりの被害からエアプランツを守れます
とりあえず冬までは一安心です、・・・・しかし冬、どうすっかね・・・(-_-;)



さて話は変わって、
タイトルの「日本一絵の上手い漫画家」ですが

日本の漫画家は絵が上手なので、本当は日本一なんて決められる訳ないんで
あくまで主観、個人的な意見ですので(^_^;)

IMG_1690s-.jpg

私が個人的に日本一と思っているのは
ながやす巧先生です~

「愛と誠」「鉄道員(ぽっぽや)」等の漫画で有名ですが
今現在連載中の「壬生義士伝」が凄く面白いです。

絵がね・・・上手い、というか上手すぎるんですよ・・・神業ですね
もう髪の毛一本一本までが完璧なんですよ!
一コマ一コマ目を凝らしても粗なんかありゃしないんです(^_^;)
デフォルメ無しの劇画の上手さってのは圧倒的ですよ、感動します
こんな風に全ての物が上手に絵で描けたら良いなぁ、楽しいだろうな・・・

背景もあまりにもながやす先生の画に合ってるんで
「腕のいいアシスタントが居るんだな~」と思っていたら
なんとアシスタントは使って無いそうです、全部一人で描いてる!!!スゲー!!
雑誌連載であのクオリティであの量を一人で描いているなんて信じられません、
半年分位描き溜めてから連載スタートする、と本に書いてありました
こんな描き方している作家さんも居るんですね。

先に書いたように、今連載中の「壬生義士伝」がとってもいいんですが
デカイ本屋でないと殆ど見かけないし、扱っていても黒背表紙が目立たないし
(似合ってるしカッコイイんですが、正直目立たない気が・・・)
もっと世の中に布教したいです(-_-;)
浅田次郎氏の原作で映画にもなってるんで知っている方も多いと思います
実は原作は未読なんですが、映画はラスト付近が長すぎる事を除けば
とっても面白かったです。
映画とは結構違ってながやす先生独自の間というか雰囲気で
流れが素晴らしく丁寧で、ぽっぽやでも思ったけど原作物を
こんなに自分の間で描ける作家さんってあんまし居ないんじゃないかな。

新撰組の話なんですけど
新撰組自体あまり詳しくなくても楽しく読めますよ
という自分があんまし詳しくないもんで確実です(^_^;)
近藤、土方、沖田位何となく知ってれば平気かと思います。

頭が良くて剣術の腕も申し分無い、けれど家族が食べていけない位貧しい
下級武士の主人公が、お金の為に脱藩して新撰組に入隊する話です
主人公の腕っ節がいいので殺陣シーンもお楽しみですよ、
色んな漫画や小説なんかでもありますが
下級武士っていうのは庶民より苦しい生活で、だけど形式を重んじなくては
ならなくて正直かなり切ない存在ですね。

そんな切ない武士の生き様をながやす先生の
素晴らしい画でぜひ堪能してみてください、まだ2巻までしか出ていないので
買いやすいですよ!!
硬派な漫画を読みたい人にお勧めです。


「壬生義士伝」
角川書店チャージコミック
原作・浅田次郎、作画・ながやす巧
1、2巻発売中!!


新入り。

昨日はfc2ブログにアクセス出来なかったんで(ネットワーク障害だったらしい)
昨日の話なんですが。


買い物ついでに寄った近所のホームセンターで、ニューフェイスを入手。


IMG_1683s-.jpg


トゲがなんだかフワフワして痛くない、花みたいな可愛いサボテン。
名無しだったんですが「白星」っぽいなぁ~?と予想しています
さすがシーズンだけあって、なんだか地肌ツヤツヤで凄く綺麗(^.^)
思わず手が伸びました。
ここのホームセンター以前からよくここでも書いているんですが
エアプランツのあつかいが結構多くて、私にとっての身近なオアシスだったんですが
春になり、他の沢山の植物がシーズンに入ったらあっさりエアプランツが
店頭から消えました・・・orz
冬でも変わらずグリーンなんで入荷してただけだったんですね
凄い寂しくて最近立ち寄ってなかったんですが、遮光ネットや薬剤なんか
買いに久々に行きました、エアプランツは居なくても
ホームセンターはやっぱり楽しいっす。

このサボは固まる砂で表面が固めてあったので
すぐに植え替えました、根切り必要かな?と思ってたら殆ど根っこでてなかったんで
そのまま移し変え、楽に終わりました。


私の植物画像を見て「しかしなんでこの人鉢がいつもお洒落じゃないんだろう・・・」
と思ってる方も多いかと思います(^_^;)
私も初めは「カッコイイ陶器の鉢で統一するんだ!!」
とか夢を持っていたんですが、陶器って凄い重いんですよ~
段々数が増えてきて、冬の間は室内に置いてたんで、朝は窓辺の日当たりいい場所
夜は暖かい部屋の中央・・・とかチョコチョコ移動するのに陶器だと
手がつりそうだったんで、
お洒落感ないけどなにしろ軽い!!!プラ鉢に移行したんですよ、
よくサボ好きの方同じ黒プラ鉢の人達が多いようなんですが
皆さんそんな理由とかですかね?
それとも他に何か理由があるのかな、ちょっとした謎です。


IMG_1687s-.jpg

こちらは園芸に目覚めた初めの頃に入手したサボ
これまた名無しなんですが「銀河楽」っぽいかなぁ~と予想していますが
どうなんでしょ、
似てるのが色々存在してるんでサボはよく判りません。
これは初期だったんでちゃんと陶器の鉢に植えてありますね(^_^;)
この黒鉢と色違いの白で統一しようと思っていたんですけどね・・・。

ボディが白く見えますが毛で覆われています、生えています、フッサフサです。
トゲも生えているんで思いっきり触れませんが
毛をサワサワなでて楽しんでいます(^.^)
この毛むくじゃらな所が魅惑的!と思い入手したんですが
本当にフッサフサで地肌が全然見えなくて(-_-;)
サボのコンディションが正直よく判りません・・・
まさかこんな罠があるとは・・・。

なんとなく緑っぽいのが見えるんで多分調子いいと思うんですがね
枯れていても当分気が付かないかもしれません。

そんな感じでサボテンシーズンまっさかりです
色々入手したいと思っていますよ(^.^)



花ざかり。

IMG_1662s-.jpg

先月サボテンフェアで購入したロフォフォラに花が咲きました。

ビックリするほど突然咲いてました・・・
全然気が付きませんでしたよ。

ますます作り物っぽくて可愛いです、何日位花を楽しめるんでしょうか?
白くて可憐な花だなぁ・・・
サボテンの花は小さくて可憐系も、ドーンとド派手系も
どっちも作り物みたいで可愛らしくて大好きですよ
これ以外の手元にあるサボ達は、名前が不明なのばかりなので
何色の花が咲くか予測不能なんで凄い楽しみですね~

このロフォフォラはギュウギュウすぎるんで植え替えしなくては・・・。


IMG_1667s-.jpg


明るい野外で撮ればよかった・・・(-_-;)

エアプランツのフックシーにも花が咲きました!!
画像全然判らないですね・・・紫色の不思議な形の花が咲いています
エアプランツの花初めて咲かせたので
とっても嬉しいです(^^)可愛いなぁ~
本当は更に先端に3つ蕾が付いていたんですが
今朝コジロウに齧り取られてしまいました・・・・

なんかいくらガードしても無駄なんで、いい加減なんとかせねばと思い
ベランダにエアプランツ置ける木製のラックを注文しました
とっととそうしなかった自分が悪いです、エアプランツ達には
恐ろしい思いをさせてしまった日々でした・・・ゴメンよ(-_-;)

春~秋は外の方が良いみたいなんでいいんですが
また冬が来たら対策を考えなくてはですよ、
それまでにエアプランツに興味無くなってくれたらいいんだけどなぁ・・・。

流鏑馬。

鎌倉、鶴岡八幡宮に流鏑馬(やぶさめ)を
見にいってまいりました。


一緒に行った友人の下調べのお陰で素晴らしい
ベストポジションで見ることが出来ました
自分の撮った写真があまりにも酷いのでアップするか考えましたが
一応・・・・


IMG_1650s-.jpg



手前のおっさんの頭の方に目が行くのは私だけですか?


非常に残念な写りです・・・。


これでもマシに写っている方でして・・・
私のテクニックでは走り抜ける馬を写すのは無理で
途中で写すのは諦めて、見るほうに専念しました
カッコよかったですよ迫力あって、的を射抜いた際の音は予想以上にでかくて、
走り抜けた後は砂埃舞い上がっていました。

この騎手やるの物凄い鼻高いでしょうね、衣装も素敵だしいいなぁ~。


IMG_1643s-.jpg


目の前で止まってくれたので必死で撮る。




手前のサンバイザーの人のデジカメに目が行くのは私だけだと
いいんですが・・・。


「指輪物語」。

先日ここでおじいさんが活躍する映画」として
「ロード・オブ・ザ・リング」を挙げたら、久々に観たくなってしまったので
今回の作業中ダラ流しDVDに決定!
時間も長いし、丁度いいかも・・・と思い流したら
夢中になって見入ってしまいました・・・(-_-;)


久々に観たせいもありますが、大作系、アクション系、ホラー系など
映像に重点を置いた作品はダラ流しには向いてないと言う事を知りました・・・
画面見入ってしまいます。
いつも大概ダラ流しにはTVドラマ系を流していたので、気が付きませんでした、
作業用にはTVドラマか、セリフ重点で淡々と進んでいく映画がいいようです。



「ロード・オブ・ザ・リング」のDVDを久々に開けて
思い出した事がありました。


DVDはほぼ廉価版の安いやつを購入するセコイ私ですが
この映画は原作が好きなので、奮発して「スペシャル・エクステンテッド・エディション」という
やたら長い名前で(^_^;)特典満載の豪華版を購入したんですが
これの2巻の特典で「モルドール通行許可証」(^_^;)というIDナンバー入りの
カードが付いて来て、

そのカードの写真は主要なキャラクターの7種類があり、
何が入っているかは買ってみないと判らないようになっていて、
私は「ガンダルフかアラゴルンだったらいいなぁ・・・」と
ワクワクしてパッケージを開けたんですが・・・・







IMG_1609s-.jpg


サムか・・・・


いや、サムは私だって大好きなんですよ
彼の重要性も解っていますし・・・
正直フロドより好きですし・・・

しかしカードとして入手するならガンダルフかアラゴルンがよかったな・・・
でもゴラムのカードより全然いいか・・・
と、何となくションボリした購入当時の事を思い出しました。



あとこの「スペシャル~なんたら」のDVD先に書いた通り
特典が凄いんですよ、
特典映像のみで7時間×3巻とかあるんです!(^_^;)
正直あんましDVDの特典映像って観ないので
この特典映像も未だ殆ど観ていない有様です・・・
一応いつか観たいとは思っているんですが
オーディオコメンタリーだけで、監督&脚本、デザインチーム、
製作&プロダクションチーム、キャスト、と4パターンも入ってます・・・
正直濃厚すぎです。

全部見る日は来るんでしょうかね?
かなり微妙です・・・。


蘭咲きました。

ここで以前書いた蘭の花が咲きました。


IMG_1590s-.jpg


相変わらず立派な花です、デカイです。
徐々に花が増えていって全部開いた状態で1月以上も
咲いててくれます、凄い花ですねー・・・。


IMG_1592s-.jpg

もう一鉢は開花はまだですが、なぜか途中から花芽が二股に別れました
こんなことあるんですね~
どっちも蕾沢山付けてるんで開花が楽しみですが
こんなに花を沢山咲かせたら栄養取られすぎて、来年咲かないんじゃ
ないかとちょっと不安です、
そんな頑張らんでいいのになぁ・・・(-_-;)

ガラス越しに見えるなんか黒い物はコジロウ氏です
写真撮ってるのが気になってやって来ました
猫の野次馬根性は本当に凄いです・・・なんでもとりあえず見にきますよ。



IMG_1601s-.jpg

警戒しつつベランダへ降り立つコジロウ氏。

コジロウは少年時代全く落ち着きが無くて
ベランダに出すのはあまりにも危険すぎる・・・と思わせる猫だったので
(柵越えて飛び出しそう、柵の上にジャンプしそう、我を忘れて下飛び降りそう
植木を食べてしまう・・等)
出さない、出しても必ず監視する、を徹底していたら
大人になってもあんましベランダに出ない奴になってしまいました(^_^;)
ベリーは自分で窓を開けられたので自由に出ていました
(コジロウは窓開け出来ません)
出しても心配無いタイプだったし、よく寝転がってまったり涼んでました。


今の時期は気持ちいいだろうし、もう少しベランダに出ても
構わないんですけどね。

「ねこぱんち」32春の旅号発売。

IMG_1576s-.jpg

「ねこぱんち」32、春の旅号本日発売です、
「ジロとジェラルド」も載っていますのでよろしくお願いします。

茶トラ猫はなんとなく優しそうに見えるなぁ~かわいいなぁ。


「ねこぱんち」繋がりですが
しばらく前から私も始めてみましたよ

IMG_1579s-.jpg

ねこぱんち連載の「ぽれぽれDays」の
飼い猫をブラッシングして抜けた毛をどんどん丸めて大きくして
保存しているのを見て密かに「いいな、コレ・・・」と思ったのでまねしてみました~
なので画像の丸玉はコジロウの毛玉です(^_^;)
これで10回分位かな?
コジロウの毛はブラッシングではとれにくいんですがそれでも
今抜け毛の季節なので結構とれます、ベリーだったなら多分1回の
ブラッシングでこの位簡単に取れたかと思います。
コジロウは暴れん坊なので、10回位梳くのが精一杯ですよ・・・。

超デカイ毛玉に育てたいと思います(^.^)


落書き。

ジロとジェラルド。s-

ネームがまとまらないので落書きしてみました。
本当に適当な落書きなので細かい粗は気にしないでもらいたいです・・・
なかなかいい雰囲気になりました(^^)

ジロとジェラルドは自分の猫がモデルなので凄く愛着があります
実際の2匹は入れ違いで私の元に来たので、一緒に暮らしたことはないですし、
ジロはもう巨大になりましたし、ノラ猫ではありませんし
漫画と違って破壊者ですが・・・(^_^;)
ジェラルドは本当に優しくて大きくて(特に顔)暖かい奴でしたし
ジロは本当に好奇心いっぱいです。

2匹が一緒に暮らして、
こんなんだったらいいなぁ~・・・とか妄想して描いています。
本当我ながら妄想魔ですよ(^_^;)

じいさんの出てくる映画2。

昨日の続きです
おじいさんの活躍する映画・・・
なんか完全に一人の世界です、すみません(^_^;)


「ハイジ」(2005年版)
出来は1993年版の方が丁寧でいいかと思いますが
あくまでおじいさんポイントとしてはこちらのマックス・フォン・シドーの
勝ちかなと、ハイジのおじいさん役にしては素敵すぎな感じもしますが
スタイルも良くて、素朴な格好でもカッコイイですブーツ姿が決まっているなぁ・・
ハイジのおじいさん特有のもじゃひげっていいなぁ!
大自然とおじいさんの組み合わせって魅かれますね
自然を知り尽くして居そうな幻想をいまだ抱くことが出来るからかな
と思いますが。


「アメリカの森レニーとの約束」
これも現代版の自然還り、人との関わりから離れた
大自然の中で暮らす男の話です。
ひょんな事から女の子と暮らすことになります、
おじいさんの出てくる話は環境が違っても、子供が相棒として出てくる
確立が異常に高いです、
自分は子供と年配者の組み合わせは好きなのでこういうのは楽しく見ることが出来ます
対比を描きやすかったりするせいもあるかもしれないですね。
「子供とおじいさんもの」にしては少し悲しい映画なんですが
ダニーグローバーの不器用そうなおじいさん役がいい味出ています。


「エド・ウッド」
元気なおじいさんが活躍するんじゃなくて、
むしろかなりどん底・・・寂しい晩年を迎えるんですが(-_-;)
ベラ・ルゴシ役のマーティン・ランドーは助演男優賞取っただけあって
素晴らしいです哀愁と枯れ感、出しまくってますね・・・。
どん底だけど救われ感がなんとなくあります
あとなんか可愛い(^_^;)
大タコとの格闘シーンが観れますよ。


「ロード・オブ・ザ・リング」
この超有名作も2人のじいさんの激しいバトルが見られるので、必見ですよ!
魔法対決じゃなくて剣とか拳だったら尚よしでしたが
なにしろ2人とも魔法使い設定なので仕方ないですね
イアン・マッケランのガンダルフとクリストファー・リーのサルマンの
対決ですビュンビュン吹っ飛ばし合うじいさん対決なんて
まず観られません、激レアなんじゃないでしょうか?
ガンダルフも原作のイメージ通りでしたが
サルマンがここまでやってくれるとは正直思っていませんでした
クリストファー・リー威厳があって邪悪そうでかっこいいなぁ~。


「スター・ウォーズ/エピソード3」
クリストファー・リー繋がりでもう一つ。
スター・ウォーズは近年ようやく目を通しました(^_^;)遅すぎてすみません。
公開当時からリアルタイムで観ていたら違ったのかもですが
正直大してはまれませんでした、チューバッカにはトキメキましたけど・・・
そんな私でしたがラスト作まで観たら最後でライトセイバー振り回す
クリストファー・リーを観ることが出来てめちゃくちゃ嬉しかったです、
殺陣シーンはさすがにCG&代役らしいですが(当たり前)
なんという背の高さ、なんというカッコよさ
本気でこれを観るために6作品目を通したんだな、自分・・・と思いましたよ。
しかし残念ながらあんまし出番ないんですよね、ちょっとしか出てこない、
でも十分カッコイイですよ!


「ゴッドandモンスター」
こちらはイアン・マッケラン繋がりで、
この作品も全然「素敵なおじいさん」じゃなくて、むしろ逆
老獪でゲイで年齢からくるいやらしさ全開の
正直最初の30分はイアン・マッケランの主人公が気持ち悪すぎて(^_^;)
しょうがないんですが(権力や立場を利用して若者を裸にさせたりするよ、
しかも全然美しくない若者なのが更にきつい!)
圧倒的な演技力で複雑な思いの老人を演じてくれます
イアン・マッケランはビジュアルが好みのおじいさんじゃなかったんで
あんましなんとも思ってなかったんですが
この作品観て「スゲー」と認識しました、
本人が若かりし頃も演じているんですが、見た目はじいさんなのに
立ち居振る舞いでちゃんとその年齢に見えます、凄いです。

先に書いたように最初の30分がキツイですが後は
若者(先に書いた若者とは別、ハムナプトラの主人公の人)との
不思議な交流が深まったりいい作品です、ラストの小雨のシーンが印象的で
音楽もいいですよ。



はー・・・
おじいさんを語りつくしたので勝手に満足です。
世の中にはもっと沢山の「カッコイイおじいさん」の出てくる映画が
存在していることでしょう、これからも観ていこうと思います。
ちなみにおじいさんに限定して書きましたが、元気なおばあさんの活躍する
映画も好きです。
ただおじいさんのほうがビジュアル的にカッコイイなぁと思うツボなのと、
腕っ節が強いという最強のポイントが使えるので少しこちら贔屓です
ジュディ・デンチとか大好きなんですけどね。
おじいさんに大自然が似合うなら、おばあさんにはガーデンがよく似合うなぁと、
また勝手なイメージですが、これも幻想とは言い切れない余地がある感じでいいです。

あと日本映画はどうなんですかね?
渋い老人一歩手前、って俳優さんは多い気がするんですが
あんまし観ないので情報不足です
これからは邦画も手を広げてみようかと思います(^^)



じいさんの出てくる映画。

1つ前の記事に通じますが、
「強いおじいさんの出てくる映画」が異常に好きです・・・(^_^;)
映画じゃなくて漫画でもゲームでもなんでもいいんですが
映画が一番この設定使用が多い媒体な気がします
ちなみに漫画で一番好きな強いじいさんは「ドラゴンボール」の
ジャッキー・チュンです、
本来の亀仙人の時より見た目的にも、流れ的にも完璧です。

かつて格闘ゲームでもおじいさんキャラが居たら必ず使用していました
最近のゲームにナイスじいさんが出てくるのあるのかな?


・・・で
誰も興味無いと思いますが(-_-;)
私の好きなじいさんが活躍する映画を挙げてみます
もし同じようにじいさん映画が好きな方が居ましたら、参考にどうぞ。

「アドベンチャー・ロード」
ウイリアム・ホールデン演じる、死期を悟ってかつて過ごしたロッキー山脈
に舞い戻って来る、頑固で厳しくて自然を知り尽くした男が最高です!
見た目もカッコイイなぁ~
この映画は自分にとって好きポイントが多数存在しているんですよ
70年代頃よく作られたロッキー山脈で自給自足で暮らすってのが
そもそも好きだし、少年役のリッキーシュローダーも超かわいいんです
(ずっと泥まみれだけど・・・)
この作品かつて12チャンで放送したのを録画したビデオで持ってるんですが
なんだか電波悪い時だったのもあって画像最悪です
凄まじく地味だけどいい映画ですよ。


「リトルプリンス」
リッキーシュローダー繋がりですが
これってTVドラマを劇場用にしたものだったんですね、最近まで知りませんでした
よく出来てます、お城がふかんで見えてくるところなんて素晴らしい!
向こうのドラマは質が高いなぁ・・・
リッキーのセドリックも秀逸ですが、ドリンコート伯爵役のアレック・ギネスが
とっても素敵です、わりと早くセディ大好きじいさんに変貌してしまいますが
シルクハット姿の素敵なこと・・・カラフルなジャケット姿も必見です
馬車に乗ってる姿も見られますし、乗馬姿まで見れます!
かなりの贅沢仕様です。


「ベイブ」
牧場主役のジェイムズ・クロムウェルは
この映画出演時はまだおじいさんって年齢じゃない気もするんですが
役柄的にかなりおじいさんっぽい雰囲気だったので入れます(^_^;)
素晴らしく寡黙で優しく、飄々としたいい雰囲気のおじいさん像で、
一緒に暮らすならこのホゲットさんが一番いいな・・・と常々思っています
ジェイムズ・クロムウェルはビジュアル自体素敵
2もちょっとダークな雰囲気で好きですが、ジェイムズ・クロムウェルが殆ど
出てこないので残念です。


「ウォルター少年と夏の休日」
この作品は贅沢です!素敵なおじいさんが2人も出てきますよ!!
頑固で腕っ節も健在、漫画みたいなカッコイイハブおじさんは見た目も
カッコイイ(禿げても・・)ロバート・デュバル、
ユーモアを兼ね備えた弟ガース役にマイケル・ケイン
こんな2人&ライオンと共に暮らせるなんてウォルター少年は幸せ者です。
この2人が理想のおじいさん像かもしれないです
こんな風になんてなかなかなれっこないけど
年取ったらこんな風になりたいなぁ・・・まぁ女なんで歳取ってもじいさんには
なれませんがね・・・。


「ダニー・ザ・ドッグ」
モーガン・フリーマンはイーストウッド同様、年齢的にもビジュアル的にも立派に
じいさんなのにあんましじいさんっぽい雰囲気を出していない
不思議な俳優だなぁ・・・と思っているんですが
この作品の盲目のピアニスト役は物静かで落ち着いていて、
何もかも知り尽くしている様な人物が凄くいいので入れちゃいます、
ジェット・リーの激しいアクションが勿論見所なんですが
ピアニストとその養女と殺人マシーン(^_^;)との3人の空間が
凄くいいです、なんか御伽噺っぽいところが。


・・・なんかいろいろありすぎるので
続きはまた明日にでも書きます、今日はこの辺で!!

グラン・トリノ。

クリント・イーストウッドの最新作
「グラン・トリノ」がもうすぐ公開ですね
チラシを映画館で入手して、気持ちが盛り上がって来ましたよ、楽しみです!

イースト・ウッドのファンなんですよ
監督としても俳優としても好きです(^^)
作品はクセがあるので苦手な人も多いみたいですね
特に「ミリオンダラー・ベイビー」は賛否が分かれすぎてて面白いです。
私は完璧な作品だと思っている側の人間ですが
この作品を否定する人の考え方も好きだなぁ・・・と思う不思議な作品ですね。
完璧度では「ミリオンダラー・ベイビー」ですが
一番好きなのは「許されざる者」です、銃撃戦とか剣を交えるのとかが
基本的に大好きなので・・・(^_^;)
この作品はイーストウッドよりもジーン・ハックマンのが印象的ですかね
カッコよさではイーストウッド圧勝だけど、
・・・ごめんよハックマン・・・(-_-;)


イーストウッドは私が子供の頃からとっくに大スターでしたが
気になりだしたきっかけはかなりアホらしいです。

イーストウッドと私の父親の頭の禿げ方が凄まじくよく似ていて(^_^;)
「スゲー禿げ方似てるなぁ・・・!!」と気が付いたのが始まりでした
以来気になる俳優に・・・。
あまりにもバカバカしいきっかけですが
大体何かに興味を持つきっかけなんてこんな物・・・じゃないかな・・・。

ちなみに最近は父のヘアスタイルが若干イーストウッドより
長めなのであんまし似てるのが判らなくて残念です、
でもよく見ると禿げ方はやっぱりソックリです
凄いですよ!!初めて私が似ていると気づいてからかれこれ20年近くも
経つのに同型の進行しているんですから!

一応、
顔は全く似ていません。


変な流れになってしまいましたが
新作映画公開楽しみです、内容も好きな感じだ~
何より監督業のみじゃなくて俳優イーストウッドを見られるのも嬉しいし
これはスクリーンで観なくてはです。

しかしもう78歳だっていうのに
コンスタントに映画作ってるなんて凄いです、
こうありたいもんです。

超ミニ。

無印で入手しましたー

IMG_1562s-.jpg

リトープスです!

無印で扱っている・・・らしい、という噂は耳にしていたんですが
初めて実際置いてるところに出くわしました、
サボテンに紛れて1鉢ポツンと居ました、名札は無いので種類は判りませんが
緑がかっていて可愛いです(^.^)

しかしこれ、
物凄く小さいです、こんなです。

IMG_1563s-.jpg

左が他のリトープスの鉢です、並べると恐ろしくデカく見えますが
かなり小さい鉢なんですよ
右の携帯と比較してみてください、無印のはどえらい小ささです!

店頭に沢山並んだ同型の鉢植えのサボテン達も愛らしすぎて
思わず手を伸ばしそうになりましたが
ここまで小さいと若干管理難しそうだと思いリトープスのみ購入しました
絶対コジロウが吹っ飛ばすだろうしね・・・
予期していない場所で意外な物に出会うと凄いドキドキするもんですね。


その後エアープランツを購入したくてハンズに寄ったら
予想していなかった大束のウスネオイデスを発見!
他の種類目当てで行ったんだけど、あまりの大量のモフモフ具合に
我慢出来ず・・・・


IMG_1559s-.jpg

お迎えいたしましたよ(-_-;)

1束が沢山すぎて管理が大変そうなんで2つに分けました、
全然枯れこんでいなくて素晴らしいグリーンにウットリですよ・・・
こんなにたっぷりのウスネを迎えても、私の野望は
部屋の壁全てにウスネを吊るすことなので
まだまだ全然足らないんですが、それにしても素晴らしいモフモフです
最高です、頑張って増やします!

コミティア88。

参加証がとっくに届いていたのに
告知するのを忘れていました。

5月5日(火曜祝日)11:00~16:00
東京ビッグサイト東1・2ホール
「コミティア88」
にサークル名「ゴースト」で参加します、スペースNO.「と28a」
「LOVELY NET」さんとの合同スペースです
出したかった新刊は・・・全くもってムリでした・・・うーんすみません。
いつものペーパー持って行くんでよかったら貰いに来てください。

「コミティア」とは・・・
日本で一番大きな、創作オンリー同人誌即売会です
しかも5月のは普段より大規模開催!!漫画に興味ある方は
きっと楽しめるイベントだと思いますのでなんとなく気になった方も
是非いらしてみてください、
今の漫画界の縮図みたいのが1日で見られる感じです
あと出版業界には入らない独自の漫画も沢山見ることが出来ますよ
世の中は広いんだなぁ~とか思えます。

一応女性も男性も未成年も楽しめるイベントなので
恐れなくて大丈夫ですよ怖くない雰囲気です(^.^)

詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい
コミティアHP

第二回少年展。

Image0012s-.jpg

5/29(金)~6/7(日)
第二回「少年展」
という展示に参加させていただくことになりました。

「少年」を表現するオブジェや絵や写真等さまざまな作家さんが
集まった展示です、
第二回のタイトルは「探偵倶楽部~シークレット・ワーズ~」ということで
「探偵」をイメージした少年的な作品を見ることが出来るはずです。
作品の中にアルファベットが隠されていて、探しだしたアルファベットを
組み合わせると・・・とか
合同企画としてカフェで展示があったり、特性スイーツがあったり・・・
なにやらとても凝った感じで・・・
私は一参加者で、企画側ではないので面白そうで参加している自分も
凄く楽しみだったりします(^.^)

私はイラストで参加予定です、
久々に手塗りイラストで出展したいと思っていますが
なんだかしばらくありがたくも忙しいので
正直かなりヤバイです、描く時間取れるのかな・・・(-_-;)
いや、ちゃんと描いてみせますが、まだまだ先だ・・・と思っていたのに
もうすぐじゃないですか~早めにやらなかった自分がいけないよなぁ・・・
まるまる一日とか日にち使えそうもないので、今からちょこちょこ
描いていこうかと思います、
スケジュール的には辛い感じですがとても面白そうな展示なんで
楽しみですよ(^.^)
少年だけでなくなんか硬質で幻想的な物が好きな方なら
楽しめると思いますよ(第一回を見た感じ)
気になる方はぜひよろしくお願いします。

サイトです
詳しくはこちらをご覧になってくださいませ。
少年展HP

貰い物。

IMG_1534s-.jpg

愛用のカップです
見て判る通り貰い物です(^_^;)

日常で使う物は自分でお金出して買ったちょっとお洒落な物より、
何故か貰い物の方が使い心地が良くて、愛用品にいたる不思議・・・。

一応ちゃんと購入したカップもあるんですが
なんかこっちの方が使い勝手が抜群なんで、こっちばっかし使っています
お金払った物を使わ無いのは複雑な気持ちですよ・・・

長年ずっと右のネスカフェカップを愛用していましたが
去年クロネコヤマトさんから貰った左のカップが使い心地度で勝ったので
久々に地位が変動しました(^.^)
クロネコカップはイラストも愛らしいのでお気に入りです
大きさ、厚み、形どれをとっても好みです。
割ったりしないよう気をつけなくては・・・
ちなみにネスカフェカップはもう一つあるので、あまり気にせずガンガン使えて最高でした。


IMG_1543s-.jpg

このなんでもないフツーのボールペンも
あまりの使い心地の良さに7~8年愛用している品です。
以前働いていた雑貨店の某取引先メーカーさんが
年始にくれる粗品なんですが、
グリップの太さ、書き心地、重さ、どこをとっても最高で・・・
一応カッコイイボールペンも色々買ったりしてみたんですが
このボールペンの使い心地に勝る物は見つけられず・・・インク入れ替えながら今だ愛用中です。


あと貰い物ではないのでちょっと違いますが
作画などの際使用しているシャーペンが、高校の時購買部で購入した
100円のシャーペンを今だに使用しています・・・(^_^;)
一応有名メーカーのお高いシャーペンも持ってるんですが
なんかボロシャーペンの方がしっくりくるんですよねぇ~
2本持ってるんでまだまだ大丈夫そうです。
さすがに0.3mm芯のシャーペンは購買部では買わなかった(売ってないよね?)
のでそれはステッドラーのちゃんとしたやつを使っていますよ
でもなんか握りが好みじゃないんだよなぁ・・・(-_-;)

IMG_1537s-.jpg


チェックするコジロウ氏。
猫は写真撮っているととりあえず様子をチェックしに来ますよね。

悪魔が3匹。

春休みなので、姪っ子2人が遊びにきています。

可愛いです、可愛いけど小さい悪魔みたいです(-_-;)
小学3年生と4歳ですが、上の子は小学生になった頃から幾分人型、
人間に近くなった感じでだいぶ言葉が通じますねぇ~なので悪魔です(^.^)
もっと小さい時はまだヒューマノイドタイプではなく、怪獣って感じで
凄い破壊力でしたね・・・4歳の子はまだ怪獣全開です
コジロウも悪魔みたいな感じなので、今家に悪魔が3人(匹?)居ますよ、恐ろしい・・。

Image036.jpgImage038.jpg


姪っ子の持っていたシール帳(?)が可愛かったので撮らせてもらいました。
画像じゃわかりにくいですかね?プクプク立体的でとっても
触り心地良くてキュートです。
子供にはシール人気って永遠なんですね・・・
自分が子供時分には可愛い絵柄とか、香り付きの折り紙なんか流行っていました
立原あゆみ先生が挿絵を描いていた、星座折り紙が凄い人気あり大好きでした
勿体無くて使えなかったです、友達と交換もよくしました
本当に可愛かったんで今ちょっと欲しいと思っています・・・(^_^;)
あとは消しゴムも人気でしたが、これは今も人気ですね。


ジロジs-


少年時代のコジロウです
この頃は悪魔と言うより子鬼みたいでした、暴れん坊すぎて全く手に負えなくて
自分にこの子鬼育てられるのか!?と自信無くしていた頃です(^_^;)
今となっては笑えますが。
この画像のコジロウの目つきヤバイです
この目つきの時は飛び掛ってくる時ですねぇ、
顔にも何の躊躇も無く飛び掛って来るので要注意ですよ
獲物をロックオンした表情です・・・。

子供とは割りと気さくに遊んでくれる猫ですが
だいぶ大人になったのでそろそろ嫌がりはじめるかもしれません。

プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: