終わった・・・。

今日提出した原稿で
「クルトン」漫画の仕事に一区切り付きました。
なんとかやり遂げたYO!


1月後半に話をいただいて、2月後半から原稿に着手してきたので
かれこれ5ヶ月「クルトン」キャラ達と付き合ってきた事になります、
これだけの期間付き合ってると、後半は何だか自分が考えたキャラのような
気がしてきてました、おかしな錯覚が・・・(-_-;)
絵柄が比較的近かったといっても、やっぱり自分の絵じゃない物に
近付けるのとか凄く難しくて、上手く描けなくて本気でガタガタ震えたりしたもんですが
それはさておいて愛着は湧きまくりでしたよ。
あんまし描けなかったけど、ゲームに出てくるクリーチャー達脇役も
自分じゃ思いも付かない不思議で可愛いキャラ&秀逸なデザインだったんで
もっと色んな人に広めたいなぁ、クルトンキャラ。
クリーチャー達はUFOキャッチャーなんかの景品ぬいぐるみで
全種類出てくれないかなぁ。

うわぁ~凄い欲しいわソレ・・・(^_^;)


技術的な面も残念ながら私かなり不足していたんで
何もかもが大変でしたが、凄くいい経験させていただきました。
全てはゲームデザイナーのSさんのお陰です、
こんな漫画界の端の端に指一本でようやくぶら下がってる様な
私に声をかけてくれる人が居るんだから
自分のやってきた事とか、やりたいことは恥ずかしがらずに
世間にアピールするもんですね。
いや、これはSさんの受け売りだったりしますが
その通りだなぁ・・・とつくづく感じます。


作画作業は前記の通りひと段落着きましたが
公式サイトでの漫画の更新はまだまだ続きますので
本当しつこいけど更新され次第ここでお知らせしますね。

クルトン公式サイト





あと
全然関係ないんですが
珍しくカメラ目線のコジロウが撮れたので・・・





jiro10s.jpg



開いてた押入れがあまりにも見苦しかったんで
超雑な修正してますが、気にしないでもらえるとありがたいです。


鼻超黒光りしています。

いつか言える?

昨日から何となくずっと考えてるんですよ


「なかなか言える機会がないけど、一度は言ってみたいセリフ」


ってやつを。
多分昨日みたTVで芸人がそんなような事をネタにやっていたのを
聞いていたせいかと思うんですが(^_^;)

言ってみたいセリフ、速攻頭に浮かんだんですが
「なかなか言える機会が無いけど」どころじゃなくて
確実に一生言える機会が無いので、もう少し「機会さえあれば言えるんじゃないか?」
って感じのを・・・・
と思ってずっと考えているんですが
結局一番最初に浮かんだセリフ以上に言ってみたいのが浮かびませんでした、
う~ん、バカバカしくもリアルとの兼ね合いがなかなか難しいもんですねぇ。


肝心の私がいつか言ってみたいセリフというのは




「当たらなければどうということはない!」

byシャア少佐。
でした(^_^;)


超有名なセリフですが知らない方の為に補足。
ガンダムの敵軍のエースパイロットが
ガンダムの砲撃にひるんだ部下に向かって言ったセリフです。
(自分も出撃しています)

カッコイイです・・・カッコよすぎです・・・。
マジでいつか言ってみたい、
役に立たないけど超的確、なおかつ自身の腕自慢も盛り込んだアドバイス。
しかし先に書いたように、本当に一生言える機会の無い言葉です・・・
沢山のハードルがあり過ぎです
もし仮にモビルスーツがこの世で作られることがあったとしても
私が凄腕パイロットになるなんて事絶対無いだろうし
部下も居ないとね・・・。
いや、他にも色々あり過ぎだけど。


そんな感じであまりにも現実的じゃなかったんで
もう少しハードル低い、憧れのセリフを考えていたんですが
全然浮かびませんでしたよ。

なので今、色んな人達の
「言ってみたいセリフを」に非常に興味深々です。


クルトン第3話。

何回も同じ告知ばっかですみません

でも告知の為にブログ始めたようなもんなんで
ウザくても許してください、サーセン。


ソニー・コンピュータエンタテインメント
から発売中のパズルゲーム、「クルトン」の公式サイトで
WEB漫画&イラスト描かせていただいています、

そのクルトン漫画の第三話がアップされていました
よかったらチェックしてみてください!


チョコ可愛いよ、
もう少しでお別れかと思うとちょっと寂しいんだぜ・・・。




「クルトン」公式サイト

怖い。

今、何だか微妙に怖くなる出来事がありました・・・

全然大した出来事じゃないんですが、心霊とかそれ系の話が苦手な方は
スルーしてくださいね(^_^;)



私はホラー映画が結構好きでDVDもいくつか持っていて、
その中に「サスペリア」&「サスペリア2」のセットBOXがあるんですが
そのBOXの外箱が特殊な素材で出来ていて、
普段は無地の黒い箱なんですけど、手で触れたりして温めるとサスペリア作品内の
恐ろしい画が箱一面に浮かび上がってくるという仕様なんです、
(なんのためなんだろこの仕様(^_^;)
気温が高くなってくると、触らなくても温まって勝手に
恐ろしい画が浮かびあがってくるんですよ

今日はかなり気温が上がったので、箱に画が浮かび上がっていて、
映画そのものは怖い・・・というより美しい作品なんですけど
写真でそこにあると結構薄気味悪いんです・・・(-_-;)
毎年夏はDXDBOXが「気持ち悪いな・・・」と思っていて
それを写真に写してブログに書こうとしたんですが
写真は普通に写せたんですが、何回やっても写真の縮小作業が出来ませんでした・・・
(ブログに画像載せるには画像の縮小作業をします)

縮小ツールのウインドウが無数に開いちゃうし
画像のウインドウも無数に開いちゃうし(これらの現象はまぁ、たまにある)
更に画像を縮小ツールに乗せようとすると
何回やってもどちらかのウインドウが閉じちゃうの・・・
結局画像縮小出来なかったです
なので画像無しなんです。

多分ただのパソコンの不調なんだろうけど
今まで一度も無かったパターンだったのと
怖い画の写真だったから何だか薄気味悪くなってきちゃった(^_^;)
デジカメ内の写真もパソコンに入れた写真も消しちゃいましたよ、ビビリか・・・

文章にするとくだらないんだけどなぁ~
しかし昼間でよかった、夜中だったらガタガタ震えていましたよ。
そしてこういう文章読む方も、普段だったら全然怖くも無いんだけど
夜中一人だったりすると、妙に怖くなったりしませんか?

そう思って一応前置きおきましたよ。

きついねぇー。

今、4コマ漫画のネーム(下描きの下描き)やっていまして、
常々予想はしていたんですが実際やってみてめちゃくちゃ実感しました

4コマ漫画ってきついねぇ~
ネタ15本とかもうね・・orz
描いても描いてもネタが足らないYO!
おまけにコマが小さくて不器用な人間には絵を入れるのが難しいや。

個人的には16P位のショート作品一本の方が
取り掛かりやすいかなと思いましたよ、
こっちはこっちで作画作業になったら単純に倍なんで大変なんだけど。
気軽に読めるのが4コマ最大の魅力だと思いますが
描くのはしんどいんですね
いい経験になりそうですよ・・・。

さて、あと4本・・・orz


心のゲーム。

こんな時間ですが
作業がひと段落したので更新、こればっかですね。


今月は更新がすくないなぁ・・・マメにするつもりだったのに。
忙しいだろうに毎日更新している人はマジ凄いね!
毎日はするつもり無いけど(無理だネタないし・・)来月はマメにしたいところです。


先日「クルトン」のデザイナーSさんに(私のWEB漫画の担当さんでもあります)
「心のゲーム」を訊ねてみましたところ、全然知らないタイトルばかり上がってきました、
年齢同じなんでプレイ時期は同じだし、タイトル位分かるだろう・・・と
思っていたのに、流石プロは違うなぁ~と変なところで感じました(^_^;)
まぁ、私特にゲームマニアでは無かったんで当然といえば当然なんですけど。


近頃集中力が続かないのと、時間が無いのとで
めっきりゲームやらなくなってきましたが(やりたいんですけどね~)
私にも心のゲームってのはあるんです、複数挙げちゃいますが・・・
「ゼルダの伝説」シリーズ
「伝説のオウガバトル」シリーズ
「キングスフィールド」シリーズ
「バイオハザード」シリーズです。

もし一本だけ、と言われたら「オウガバトル」シリーズの「タクティクスオウガ」を
挙げます。
これの最終章が発売されたらハードが10万円超えでも迷わず購入します(^_^;)
マニアでない割りにやり込み系や難易度高いと言われてる作品が
好きなんですよね
これらは数年に一回引っ張り出してプレイします、もう本当に大好きです。

スーパーメジャー級の「ゼルダ」や「バイオ」は今後もシリーズは
続くだろうから安心なんですけど
「オウガ」は確実に新作は出ないだろうし
「キングス」もかなり望み薄で本当に悲しいです。
こんな面白いゲーム作っておいて罪なんだぜ・・・(-_-;)


デザイナーさんと面白かったゲームで一致したのもありました
ファルコムの「ソーサリアン」です。
シナリオが15本からなる(後に追加シナリオが発売される)
横スクロールRPGでシステムが結構複雑で、しかも
バランス良くて素晴らしいゲームでした、音楽も良かったし。
これは私が生まれて初めてハマッたゲームでした
15本中一番好きなシナリオは「暗き沼の魔法使い」です
物凄い地味なシナリオなんですけど、なんか雰囲気が好きなのと
ドラゴンが人に化けてるってのがツボだったようです。


あと
ゲームと言えば
私の住むマンションの明かりが、夜階段上から見た感じが
物凄く「バイオハザード」1っぽくていいんですが
写真では暗くてよく写りませんでした・・・でも一応。



IMG_1869s-.jpg


うーん
なんだか分からないか・・・orz
実物はくっきり浮かぶ丸い街灯を、プラスチックみたいな作り物めいた葉っぱの
樹が覆っていて、超CG画面っぽい!!!アングルも!
下の石段をクリスが走り抜けてそうでマジでいい感じなんですけどねぇ・・・。



まとまりなくゲームの事かいてみました
久々にプレイしたい気持ちが盛り上がってきているので
許してください。

面白かったー。

私は伊藤潤二先生の漫画が大好きですー。
美しい人物といい、独自の世界観といい
凡人が思いも付かないストーリーといい。


しかしこの本は購入するまでに少し迷いました、




IMG_1866s-.jpg

「伊藤潤二の猫日記よん&むー」


先生が猫漫画?
しかもエッセイ漫画っぽい??。

普段の作品から想像付かないし、微妙に薄いしなぁ・・・(-_-;)
と思って書店で手にして悩み、結局購入せず・・・を3回も
しつこく繰り返していたんですが
ある日友人のブログを見たら「面白かった~」とお勧めされていて
背中押されまくりました、速攻買いに行きました(^_^;)


いや~
面白かったです。
先生を信じなかった自分にガッカリです、反省します・・・。

いつものあのタッチで猫です
どんどん猫を愛おしくなっていく過程が不気味な絵で
描かれていて最高でした、仰向けに寝てるよん、可愛いよ。
猫飼いは勿論、猫飼いじゃなくても面白いと思います
登場人物が本人達だからか、人間の動きや見た目の描写が
容赦ない、というか突き抜けてる感じで最高でした
多分この作品、描いてて楽しかったんじゃないかな・・・と。

しかし友人も書いてたんですが私も同じ事思いました
「これで終わっちゃうの?」
う~ん是非もっと読みたいですねぇ
少しづつでいいから続いてくれないかしら。


友人のブログ見て購入したのは結構前なんですが
人のお勧めで物凄く背中押してもらえて、読むに至れたので
私もお勧めしておきます、
誰か背中押されてくれたら嬉しいなぁ、と言う事で。


「伊藤潤二の猫日記よん&むー」
講談社ワイドKC
伊藤潤二著

クルトン発売!!

私が公式サイトで漫画&イラストを描かせていただいている
ソニーPS3&PSP用パズルゲーム「クルトン」
本日発売ですー


パズルゲームで最も重要な(?)爽快感があるゲームですよ
なんか面白いゲームないかな~と探している方、お勧めです。


ゲームのダウンロードの仕方漫画(アップされました)も
描かせてもらってます
「ダウンロード販売、よく解らないからな・・・」と思ってる方
是非チェックしてみて下さい。


かくいう私もダウンロードゲームって何となく敷居が高いなぁ・・・と
思っていた人間ですがこの方式のソフトの安さにはビビりました
凄い世の中になったんだね・・・(-_-;)
ダウンロード購入方法は覚えておくとお得だと思いますよ。


「クルトン」公式サイト


ウツボカズラ。

数日前から何故か食虫植物の「ウツボカズラ」が
欲しくて欲しくてたまらなくなり、
育て方調べたらなんとなくいけそうだったんで
たしか少し前、近所のホームセンターに入荷していたな・・・と思い
今日はやる気持ちを抑えながら足を運んだら

「ハエトリ草」しか残ってなかったよ・・・。



いや、
ハエトリ草も可愛いし欲しいんだけど
今の私の気持ちは「ウツボカズラ」だったんで
物凄いガッカリして帰って来ました・・・ゴメンよハエトリ草・・。


昔から気になる植物の一つではあったんだけど
なんでいきなり気持ちが盛り上がったかというと
先日観にいった「万華鏡の視覚」展の展示で
大層立派なウツボカズラがあったからです、素敵でした・・・

あれ、いいなぁ・・・と思っちゃった訳ですね。
近所で売ってるのなんて展示のとは違ってちっちゃいヤツなんですが
初めてには丁度良さそうでした、早くまた入荷しないかなぁ。


手ぶらで帰って来ましたが
またここのところ引きこもって描いてるばっかしだったんで
いい気分転換になりました
ありがとうウツボカズラ。

クルトン「アフレコレポート」。

「クルトン」公式HPで
アフレコレポート漫画がアップされてました、
よかったらチェックしてみてください。



PS3欲しいです。
か・・・買うか・・そろそろ。


「クルトン」公式サイト。

ねこぱんち34号。

IMG_1852s-.jpg


本日「ねこぱんち」34、星祭り号発売です。
私の作品「ジロとジェラルド」も載っていますので
よろしくお願いします。

表紙の子猫愛らしいなぁ~
コジロウの子猫時代はワイルド過ぎて手に負えなくて
かなり恐ろしい子猫でした~
懐かしい思い出です。

今回は長毛猫が色んな作品に出てきたので嬉しかったです。



おまけ。

わたくし、最近遅ればせながら
「デトロイト・メタル・シティ」を読み始めました。
世の中のテンポから遅れているのはいつもの事なのでいいんです。

4巻目あたりからの付きぬけ感が素晴らしくて
楽しく読ませていただいております。


今日最新刊を書店で購入した際店員さんが、
おそらくおばさ・・・大人が買いに来たので
いらないんだろうけど一応聞こう・・・というニュアンスでたずねてきました。
「こういうの付いてくるんですけど・・・・どうします?」






IMG_1850s-.jpg
ク・・・クラウザーさんのクリアファイル・・・。


私としたことが、バリバリの漫画者のくせに
とっさに普通の大人が言うなら・・・?な言い回しを発してしまいました・・・



「あ・・・じゃあ折角なんで貰っていきます・・・」



すみません、クラウザーさん!
本当はめちゃめちゃ欲しかったんです!!
「別にいらないけど・・・くれるんなら・・・」な空気出しちゃって
本当にすみませんでした!!

今度同じようなおまけが付くときは必ず




「もちろんいただきます!!」

と堂々と言える人間になろうと思います。

クリアファイル大切に使わせていただきます!!



元気です。

最近猫の記事を全く書いてませんが
コジロウは相変わらず元気です。


IMG_1844s-.jpg


前の記事の絵を写真に写そうとしていたら
「何してんの?」とチェックしに来ました。

最近なんだか凄くデカクなって来ました
体重何キロあるんだろう・・・
最盛期のベリーよりでかいんじゃないかと思うこの頃です。

可愛いなぁ~と思って顔を見つめていたら
ジャンプしてまで顔にネコパンチ叩きこまれました
相変わらず恐ろしいです・・・。
デカイんでパンチの威力も大したもんで「スパーン!!」といい音
響かせます、ネコパンチというよりコジロウのは「ネコフック」って感じなんだよなぁ・・・。

最近コジロウの事を書かない理由は
上手く写真が撮れないからです。
コジロウが上手く写らないんではなくて、どうしても
部屋が写っちゃうんですよね・・・(^_^;)
生活感溢れるリアルな部屋なんで、机周り以外は
かなりキツイです、見せられません。
猫ブログやってる人とか皆部屋が凄いお洒落で、綺麗で
いや~本当に感心しますよ。



ところで今日
ベランダにアゲハ蝶が来てました
こんな近くで見たの久々であまりの美しさに感動しました。
やっぱ本物は凄いですね。


IMG_1847s-.jpg

なんか思いの外フサフサしてました。

「ファンタジックツアー」。

「第二回少年展」に出展していた絵が帰ってきました。


IMG_1838s-.jpg
IMG_1840s-.jpg


デカイのでスキャンするの面倒臭くて写真ですが・・・。

記事のタイトルの「ファンタジックツアー」っていうのが
この絵のタイトルです、特に意味はありません・・・(-_-;)
どうせ売れないだろう、と思っていたので値段付けてなかったんですが
欲しいと言ってくれる方が居たので
その方の元に行くことになりました。
自分で持っていても押入れに入れておくだけなので
絵にとっても良かったです。
秋にやる合同展の時借りて出展するので
(勿論他の作品も描くつもり)
良かったら生絵見にきてください。



ミネラルフェアとヒゲ。

火曜日の話ですが
鉱石、化石の即売会「第22回東京ミネラルフェァ」に行ってきました。

去年LOVELY NETのマッキーさんに教えてもらって初めて
足を運んだイベントでしたが
物凄い楽しくて、なんでもっと前から参戦しなかったのか後悔したイベントです(^_^;)
早めに行きたかったんですが、なかなかスケジュールが合わなくて
最終日になってしまいました(5日間開催しています)

鉱石が好きって言ったって全然性質に詳しかったりもせず
ただ綺麗なのをいくつか持ってるってだけの植物以上の超ライトユーザーですが
普段なら入りにくい鉱石の店と違って敷居が凄い低いです
500円位から数十万円までの鉱物が所狭しと並んでるので
ライトユーザーでもビビることなく堪能できます。
無造作にカゴに入れられてほってある石に数万とか値札付いてたり
長く居ると金銭感覚麻痺してきて、あんまし財布にお金入れて行っちゃうと
予想以上に散財しちゃう可能性があるので(^_^;)
ライトユーザーは予算以上財布に入れていかない、ってのお勧めですよ。

今回の目標はズバリ「大きい石」。
前回心の赴くままに気になった石を入手したんですが
帰ってから石を見ていたら、やっぱり大きい石の存在感に
小さい石が食われるなぁ・・・と思ったので
個人的にはデカイ石を狙って行きました。
後は以前紀伊国屋B1の鉱石販売店で見た紫水晶の白濁化したヤツが
凄く欲しかったんで、白濁水晶のいいのがあったら欲しいな・・・と。



IMG_1835s-.jpg


今回の戦利品。
そこそこ大きめのを入手出来ました
左下の白いのが白濁水晶、
本当は紫水晶の白濁が欲しかったんですが
あんまし好みの見た目のがなくてねぇ・・・残念。
あとデカイうす緑の「ぶどう石」が激しく欲しかったんですが
手持ちの金じゃ足らなかったです・・・う~ん凄くカッコよかったんだけどな。

それから鉱石以外の化石、アンモナイトが凄く好きなので
「異常巻き」のアンモナイトを眺めまくる、ってのも
もう一つの目的だったんですが(異常巻きアンモナイト化石はかなりお高いんです(-_-;))
殆どなかったです、何個かありましたがあんまし姿がはっきりしてない
のばかりでちょっと残念でした。
しかし異常巻きアンモナイトの姿は不気味だなぁ・・・
普通のアンモナイト達の巻きが完璧で美し過ぎるから
余計不気味というか恐ろしく見えるんでしょうね。
あと常々これまたデカイアンモナイト化石が欲しいと思っていたんですが
やっぱり凄く良かったんで今度はそれ狙いで行こうかな・・・と思っています。
はぁ・・・アンモナイトってなんであんなに神秘的かつ
カッコイイんでしょうかねぇ・・・。

しかし
平日行ったにもかかわらず、結構な混雑ぶりでした
土日は凄まじかったんだろうな・・・
交通アクセス良くて(新宿でやってます)便利だけど
あの会場じゃ明らかにキャパ崩壊してますよねぇ?
もう少し大きい会場がいいけど、新宿は便利だし・・・微妙ですね。






関係ないですが
イベント帰りに立ち寄った無印でかわいいの見付けました。

IMG_1831s-.jpg


ヒゲ巾着です~。


父の日用のギフトバックらしいんですが
凄い可愛かったんで自分用に買いました。

実はこの日買った鉱石達より気に入ってしまったという・・・(エエッー!
なにに使おうか考え中です。




あとなんかこんなところですが私信です、すみません。

漫画家Kさん、
悩みましたが覚悟決めました・・・是非やりましょう!
「少年少女本」。
もう逃げません(笑)


ハードな日。

日付変わっちゃいましたけど
昨日は凄まじくハードな(遊びで)一日でしたー

ここしばらくモソモソ絵を描いてるだけの地味な生活だったんで
勿体無いから本当は1イベントにつき1日使いたい気持ちだったんですが
全て同じ日にやってきましたよ・・・(-_-;)


まずは朝一で「2009サボテン、多肉植物フェスティバル」に行ってきました!
存在は知ってたんですが初参戦、もう数ヶ月前から楽しみにしていましたよ!!うひょ~
嬉しいことにこのイベントやってるの地元でして、自転車で乗り込みました
予算は5000円以内、狙いは勿論サボテン!!


雰囲気は思った通りの感じでしたが(小さい同人誌即売会に通ずるもの有り)
会場は結構小さめでした、まぁこれでもサボテン&多肉には十分すぎるほどの
スペースなんですけどね・・・。
人は結構入っていて活気ありましたよ、(静かなんだけど何かエネルギー感じた(-_-;))
若い女の子から年配の男性まで(年配の女性はあんましいなかったなぁ)
幅広い年齢層で、男性率の方が高め、
私みたいな初心者向けの安いものから高いものまであって、見やすかったです。

でも肝心のサボテンは多肉植物人気に明らかに押されまくってるみたいで
思った程なかったYO!
デカくて高いのは結構居たかな。
リトープスはすこーし居たけど、コノフィツムは全然居なかった・・・
時期が合わないから予想してたけど残念。


IMG_1822s-.jpgIMG_1826s-.jpg

IMG_1828s-.jpg

今日の収穫
上左画像「月世界」(目標のブツだったんですがSPって付いてました(-_-;)SPって
明確な名称不明の物に付くみたいです)
もうちょいトゲが白っぽいのが欲しかったんですが、いい大きさだしお安いし
種付いてるので購入。
上右画像リトープス各種、数少ない中から三点購入。
下画像3個500円の所で購入
名無しだけど多分オフタルモの何かとオブツーサ、ツヤツヤです。

目標のブツは全然ゲット出来なかったけど、凄い興奮して楽しかったです
結局予算の半分も使いませんでした、悩んだの買えば良かったかな。
近所でこんな楽しませてもらってありがたかったです(^.^)
次回も参戦します。


フェスティバルを名残惜しみつつ
購入したサボ達を駅のコインロッカーに入れ
自分が参加している「少年展」へ、高円寺へ向かいました。
最終日にようやく参加・・・なんかすみません・・・。
ギャラリーの雰囲気にピッタリ合った非日常的展示でよかったです
上手い作家さん沢山いましたよ・・・

DM出した皆さんいらしてくれて凄い嬉しかったです
漫画だと直接会わなくてもつながりはあって
なかなか会わなかったりするもんですが、展示だと直接会えるのがいいもんですね
参加してみて初めて知りました・・・
何年も会っていなかった文章書きの作家さんにも会えました
なんか感無量です、どうもありがとう。
勿論来てくれた皆ありがとうね。

残念だったのは合同企画のカフェの特製スイーツが品切れしてたこと
そりゃぁ最終日に行くのが悪いね!紅茶がウマーいカフェでした。
嬉しいけど残念だったこと、「天体少年論」物販で少し出したんですが
完売してたこと、もっと数出せばよかった・・・家にまだ在庫あるよ・・・。



「少年展」を堪能し、
ツインクル雑貨舗のトーマさんと少年界の裏のドンと連れ立って
六本木ヒルズで開催の「万華鏡の視覚」という現代アートな展示に向かいました
美術展って早い時間で終わるもんかと思い込んでいたら
これ22時までやってるんですって、さすが六本木だなぁ~。
東京に住んでるけど六本木って全然縁のない街でね
三人共全く六本木に似合ってない格好だったよ・・・。

贅沢に広ーいスペース使用した展示が多くて
異空間がそこかしこに点在してる感じです
ミラーボールの空間が青くて素敵でしたミラーボールがあんなにあったら
笑うけどあんな部屋で暮らせたらいいなぁと(^_^;)
あと銀の動くボールも部屋に転がしておきたいなぁ
一日中眺めちゃいそう・・・。
でも一番印象に残ったのはウサギだったりします
明らかに異質でしたねぇ・・・全く欲しくないけど最も記憶に残るかと思います。

皆揃って腹へりだったんで
流し見でしたが展望台も眺めて来ました
そういや夜景なんてあんまし見に来たりしないけど、綺麗だー。
なんかハート持って夜景バックに写真撮影してくれるサービスがあったんですが
カップルが撮影する中、3人でハート持って撮ってくれば良かったな・・・と
変な後悔しました。ヒヒ。


こんな感じで1日を超満喫してまいりました!!
疲れたけど楽しくて充実した日でした
六本木は都会だったYO。


おはようございます。

こんな時間ですが
原稿が仕上がったのでなんとなくブログ更新
まだチェックしてもらって、直して~ようやく完成なんですがね。

「ねこぱんち」ではなく「クルトン」のWEB漫画の方です
クルトンの原稿は全部まとめて提出してるんじゃなくて
1話完成ごとに提出、という形を取っているので約一週間に一度
原稿提出がある感じです、
キャラ達との付き合いもだいぶ長くなってきましたよ。



大分前から更新されてましたが書き忘れてました
「クルトン」漫画2話目更新されています
是非チェックしてみてください!

「クルトン」公式HP



描いてる時はいつも生活リズムが真逆になっちゃうので
どっかで一日寝ないで元に戻すんです(-_-;)
なので3日前にサボテンの「緋花玉」がようやく咲きそう!!
な所まで来てたんですが、その後の開花をまだ見れていません・・・


IMG_1814s-.jpg
もうすぐ咲きそう!!
これが三日前の午前中の「緋花玉」の様子。



IMG_1817s-.jpg
うおお~マジでもうすぐ開くYO!!
これがその午後の様子。

この日はこれ以上開くことなくまた閉じちゃって
その後生活時間が逆転したので、まだ咲いたところ見れてないんだよね・・・。
今日こそ絶対見るんだー!

プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: