4枚目~。

合同展示用イラスト4枚目
ようやくペン入れまで終えました。



4maime.jpg


めちゃくちゃ集中力落ちてます
1日たりとも無駄に出来る余裕無いのに
数日ダラダラ進行してしまいました・・・ああ、バカだ・・・。
テンション維持するのって難しいなぁ~。


色塗り作業は楽しいのでこのまま進めたいところですが
ネーム作業に移らねばなので、しばしストップです。

額縁等注文したよ
金がいっぱい消えたYO!(´Д`)
頑張ろう・・・。

ラストクルトン!

「クルトン」WEB漫画
第七話がアップされました~
よかったらチェックしてみてください。


6,7話は赤ちゃんプレイだそうです(^_^;)
届いたプロット読んだ時、何という倒錯世界・・・
と思ったけど描いたら結構面白かった記憶が。
ゲーム共々よろしくお願いします。



クルトン公式サイト

禁断の漫画。

手を出すべきか、出さないでおくべきか
アホみたいに悩んでいた「禁断の漫画」に
ついに手を出してしまいました。




kaiji.jpg
福本伸行先生の「カイジ」シリーズ・・・。



何故禁断かというと
シリーズ3部作(現在新シリーズが進行中らしい)
1シリーズにつき13巻、計39巻も刊行されているからです~

私本当に漫画が大好きでマジでしゃれにならない位
漫画で部屋が圧迫されていて(-_-;)
(2年位前3千冊までは数えてみたんだけどそこで力尽きて数えるの止めた
ので、今4千冊近くもしくはそれ以上あるんじゃないかな)
大好きな作品の新刊が発行されると勿論最高に嬉しいんですけど
読み終えたら毎回壮大なパズルゲームが待ってるんですよ・・・
その一冊をどこかに収めるために超大掛かりに本棚や
押入れいじらないともうどうにも部屋に収まらないんで・・・(-_-;)

なので「カイジ」ずっと気になっていたんですけど
何度も本屋で手に取っては元に戻す・・・を繰り返していました
しかし昨日ついに、ついにシリーズ第一作を購入してしまいました・・・。
39冊か・・・マージャンが解らないからマージャンがメインの賭け事の時
だけ外すかもだけど、それにしても眩暈を覚える冊数です
青年誌のコミックスはデカイからなぁ。
でも面白い漫画しばらく沢山読めるんだから物凄い幸せです、嬉しいよ。




既刊本が沢山ある漫画は
まとめ買いすると一気に読んでしまって、集中力が低下して
面白さ半減して勿体無いから
超ジリジリするけど一冊ずつ買うのが一番面白く作品を
堪能することが出来ますよ。
私は漫画を読むことにかけてはかなり本気なので
いつもそうしています、お勧めです。
ただしかなりの精神力を要します(^_^;)
続き気になるんだわ・・・。

もふっさ~。

kakousumis-.jpg
ダンボールでくつろぐコジロウ氏。



長毛と短毛とのミックスっぽい中毛具合が
お似合いだったのに
思いのほかモフモフになってきました
ロン毛姿もワイルドです。

クルトン対談。

「クルトン」公式サイトで
今回は漫画の更新ではなくて
なんとデザイナーさんと私とのミニ対談がアップされています~
マジかYO!

超無名漫画描きでも堂々と漫画家宣言している(笑われようがむしろ
大切な事だと思ってるんだ)
図太い私ですが、漫画以外のこういうのはさすがに
「無名のしかも漫画参加だけの私が公式で得意げに作品を語っていいの・・・?」と
かなり考えさせられましたが
引き受けたからには、あんまし語らないのとか
ノリ悪いのとか読んでて作品のファンの皆さんが不快な気分に
なるのとか絶対いやなので
笑われてもいいやと腹くくって得意げに語ってます、ヒヒ。

是非チェックしてみてください
ゲーム自体もよろしくね!!


「クルトン」公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/qruton/

コミティア89.

遅くなりましたが 
日曜日のコミティアでスペースに足を運んでくださった方
ありがとうございました
最近の引きこもり生活の反動もあってか
物凄く楽しい1日でした、やっぱり大好きだ~コミティア!!


今回スペース配置が素晴らしくいい場所でした
別に壁とかって意味じゃなくて、目の前シャッターが開いてたので
光が沢山入って明るかったのと、涼しい空気が入ってきたのとで
めちゃくちゃ心地よかったんです、今まででこんな気持ちよかったスペース
初めてかも。(終盤ちと蒸しましたが)
しかも人通りの多い通路で、売上的にはいつも通りな感じでしたが
人が多く賑わっていたせいで雰囲気も明るく最高にいい場所でした。


今回の自分の一番の目標は合同展示のDMを配布しまくる事。
だったんですがむしろ全然足らなくなってしまった位でホッとしました
無事目標達成です、ノルマ250枚手元に来たときは
気絶するかと思いましたが、お陰さまで全部無くなりました
いや~なんとかなるもんですね~。

あと展示用の絵が人に受け入れられるのか自信が無かったので
一枚持っていって飾ったんですが、おおむね好評だったみたいで
凄く嬉しかったです、お世辞かも・・・と思ったりもしましたが
良くない時はまず褒めてくれない(^_^;)「楽書館」の水野さんが「いいじゃない」と
言ってくれたので安心して作業進行出来ます。

それから今回は5年振り(?)に漫画描き活動を再開した
「DARUMAYA FACTORY」のさくらのりたか君の
渾身の新作を委託していました。
うちは正直全然・・・いや、あんまし売れないサークルだし(-_-;)
彼の描く漫画とはジャンルも180度位違うんで
彼の活動再開は超嬉しくて、微力ながら力を貸したいと思っていたんですが
マジでうちじゃ1冊も出ないかも・・・と委託名乗りを上げたくせにかなりビビッていました
でも預かったのは少しだけど全部売り切れたんで
かなり嬉しかったです、心配しなくてもファンは探し当ててくれるみたいです。


それから
今回も再会した方が何人か居ました
皆さん雰囲気があんまし変わらないのが漫画者の特徴だなぁ
と思います、自分もそうだといいな。
10年振りとかに誰かと再会すると、その当時にあっという間に気分が戻りますね
特に今回はずっと再会したいと思っていた
私が若かりし頃に色々ディープな世界(?)を覗かせてくれたというか(-_-;)
勝手に師匠みたいに思っていた方と会えたのが
猛烈に嬉しかった・・・というかビビリすぎて気絶するかと思いました、正直。
お変わりなくなによりです、本当に!


こんな感じでもう凄く楽しい1日でした
あと結構「ブログ見てます」と言ってくれる方が居たりで
このブログ見てくれてる人本当に存在してるのか・・・と。
カウンターも設置してないし(開設当初2日だけ設置してたんですが
人が見てるかなんて気にしないぜ、と思っていた自分ですが
あると結構気になってしかたないんですよ、アレ。(-_-;)精神上悪いんで外したのでした)
友人以外誰も見てないんじゃないか?とか思いながらいつも
書いていたので読者の方も見にきてくれてると判って本当によかったです。


次回の11月参加どうしよう・・・と考えてたんですが
やっぱり出ようと決めました個人誌いい加減出したいし。

ではまた11月のコミティアで。


黒猫。

konekojirou.jpg

子供の頃のコジロウです。
一見可愛い感じですが、
よく見るとかなり怖ろしい顔でこっちを見ています。


興味ある人がいるかは謎ですが
黒猫を飼ってみて気が付いた事を書きます。



黒猫は肌の色がメチャクチャ青白いです。
飼う前はもっと黒いのかと予想していたんですが
凄まじいまでの青白さでビビリました
ゾンビみたいな感じ(スマン、コジロウ・・・)です。
ちなみに赤毛猫だった先代のベリーはテリーマンみたいなピンク肌でした。


鼻は墨を塗った様に真っ黒なので
肉球もさぞかし黒々してるんだろう・・・・と予想していたら
思った程ではなくて小豆色みたいな赤っぽい茶色でした(多分個体差有り)
指の部分の肉球は、大きさといい色艶といい
完全に茹で小豆です、旨そうです。


あと
唇が真っ黒です、犬の口と同じ仕様です。
唇が真っ黒いので口の横から歯を見ると真っ白に見えます
若いので本当に白い歯ではあるんですけど輝いて見えます
いい効果だなと。
口の中は黒とピンクのまだらで(これも個体差あるかと)
大口開けてあくびするとき思わずじっくり眺めます
いつ見ても怖ろしい口の中で感心、
コジロウに似合ってて好きな部分です。


黒猫の目は
金色、黄色、緑色が多いようですが
コジロウは黄色目で黒目周囲が緑のグラデーションかかっています
ベリーはオレンジ一色だったんで、このグラデーションが
不思議だなぁ~と思っていたんですが
黒猫では結構多いみたいです、なかなか美しいです。



そんな感じで
猫の各部位の色とかに興味深々です。
黒猫と赤毛猫の概要は判ったんですが猫は他にも色んな色、柄が居るので
沢山の猫スペックを知りたいです
まだら肉球とか可愛いなぁ。
「毛色による性格の違い」もネタとしては面白いなと
思うんですが実際あんまし関係無いみたいで
もう少し沢山の個体データで比べられたらなぁ。

雌猫と雄猫の性格の違いは結構面白くて好きです
雄しか飼ったことないんですけど
雌の方がいわゆる猫らしいツンデレが多いと聞きます
うちの二匹同じ雄でも全然性格違いますが、共通しているところは
細かいところは気にしてなさそうな所です、雄らしいと思います。


明日のコミティア。

全ての作業が遅れて恐ろしい事に・・・
原稿と合同展示の絵を同時進行していたら
結果どっちも作業遅く・・・・(-_-;)


明日のコミティアは、まぁうちではいつもの事ですが
新刊はありません。
その代わりではないんですが古い本ですけど
「加速する少年」という小説本持って行きます。
文章を書いたのは私ではないんですが挿絵沢山描かせてもらった本です
在庫少しあったのですが、古い作品なんで作家さんが今更売って欲しくないかな
と思っていたんですが、先日あっさりO.Kもらいました
少年達のSFです結構なボリュームです
5冊だけですがよろしくお願いします。


あと
友人の本を委託すると思います
全然ジャンル違うんですが力作みたいなんで
是非見てってください。


それと
合同展示用イラスト一枚飾ろうかと思います
DMも持ってくんでもらいに来てください
ペーパーも一応今から作ろうかと・・・・(^_^;)

スペースNO・い09bです
色々よろしくお願いします。


カラリ晴れ。

連日カラリと晴れています。

東京の夏といえば湿度高くてムンムンなんですが
なんだか秋めいた空気です。

自分的には気持ちよくて
癖っ毛もましだし(-_-;)嬉しいんですが
湿度の低さと日差しの強さにエアプランツがカラカラです。
2日に一回の霧吹きだったのが、毎日あげても夕方には
種類によってはカラカラに!!


Image088.jpg
エアプランツラック。
3段目、もう一つキセロが増えても置けるスペースがあるんだ・・・。


サボテンやリトープスが休眠期で動きがないので
メキメキ育つエアプランツを見るのが楽しみなんですが
夕方にはカラカラでちと辛そうです。
遮光ネットかけてるんですけどね~。



Image091.jpg


休眠中のリトープス達。
沢山植物置けるように秋になったら棚を増設したいです

秋になったらリトープスとサボテンをいっぱい買うんだ・・・。

3枚目。

Image087.jpg


展示用イラスト3枚目、ペン入れまで終わりました。
うーん
ペース落ち気味・・・ヤバイです(-_-;)


いつもカラー描く時ペン入れはブルーかブラウンのインクで描いて
全体の色味をブルー系で統一するんですが(ブルー、グレー系が好きなんで多用)
今回は思い切って全体に紫&ピンクを使ってみたくて
主線の色も紫で描いたんですが
実は謎の体質(?)で、濃い紫色を見ると
目なのか脳みそなのか定かではないあたりがじわじわと
もや~~~・・・
っとして、目が回ったみたいに視界がグルグルして
おまけに段々胃のあたりも
もや~~~
っと気持ち悪くなってくる・・・
という謎の症状に見舞われるんですよ
なので今回の「濃い紫インクでペン入れ」は
自分としては結構勇気のいる作業でした
気持ち悪くてバタバタ悶えながらやってました
まさかこんな所で戦いがあるとは誰も気づくまい!!とか思いながら・・・。


・・・一体なんなんですかね?この症状は(^_^;)
物心付いた頃には「紫を見ると何か気持ち悪くなる」と感じていました。
薄い紫は平気なんです、濃い紫とか濃い紺色でもなりますね、
たまに濃い青でもなる時があります
特に「チューブから出したばかりの大量の紫絵の具」とかキツイですね
あのツヤツヤ感が拍車をかけるのかすさまじいもや~に襲われます
症状は目を寄り目にした時のモヤッと感にちょっと似ています。


そんななので紫色が嫌いな色って訳じゃないけど苦手です
濃い紫に塗られた家とか多分暮らせないです
そんな強烈な家皆普通に嫌だろうけど。

この症状について
誰かに尋ねた事ってそういえば一度も無いので
普通に皆起こるのかコレ書いてるうちに気になってきました
当たり前だったらわざわざ書いちゃってすみません、
・・・恥ずかしいな。


クルトン漫画。

クルトンWEBコミック
第6話更新されていました
よかったらチェックしてみてください。


これって本来の正統「萌え」ですよね?(違う?)
このあたりの事情がいまいち判別できないんですが
そう思い込んで描きましたよ、間違ってたらすみません(-_-;)


クルトン公式HP

ねこぱんち36。

IMG_1933s-.jpg


ねこぱんち36「フレンド号」発売中です。
「ジロとジェラルド」載ってます
よろしくお願いします。


たった今ベランダにセミが止まったらしく
真夜中に超~~~ウルサイ~!!地味ながら最悪だー!

暗くて姿が見えなくて懐中電灯照らしてようやく見つけたんで
掴んだら暴れて飛び去っていきました・・・
今年初めてセミを捕まえました、アブラゼミでした
ボディが緑色で美しいミンミンゼミのが好みです。

毎年一回はベランダに止まられるんですよ
近くで聞くと警報ブザー並みに爆音です。


展示用イラスト2。

2.jpg



展示用イラスト2枚目ペン入れ終わりました。
これもB3サイズ、A2位のもっと大きいのやろうかと思ったんですが
展示する時これにマット(絵より一回り位大きい台紙)付けたり
更にデカイ額付けたりするので、保存することを考えると
かなりムチャなデカさになるのでB3サイズです
部屋が広かったらいいんですけどねぇ・・・。

先日載せた一枚目がちゃんと予定通り4日夜に完成したので
その勢いで2枚目は6日内にここまで進めたかったんですが
構図は頭に浮かんでるものの、全然絵が上手くいかなくて
だいぶずれ込んでしまいました・・・
明日内に完成とか・・・・いくらなんでもムチャかな(-_-;)
週明けには原稿に取り掛かりたいので、完成はムリでも
大まかに仕上げるところまでは進めたいところです。


タイタンの戦い。

ta.jpg


ハリーハウゼン繋がりで廉価版でDVDが出ていたので
「タイタンの戦い」を購入。
英雄ペルセウスの話は好きなので楽しみにしていました

いや~
この作品81年製作なんですね
正直もっと古い70年代のかと思い込んでいました
なんだか古臭い感じ、でも題材が神話なのでこの画面の古い感じは妙に
ハマっています、不思議な魅力というかこの世では無いような怪しさとか
多分計算した効果じゃないと思いますが。

演出のせいか結構ダルダルしています
もっとテンポよくハラハラドキドキさせられる題材揃ってる神話なのになぁ(-_-;)
でも個人的には好みです、淡々と神話聞かされている気分になれるというか・・・。


肝心のハリーハウゼンのモンスターですが
期待していたメドゥサ(メデューサ)は素晴らしく恐ろしくて
メチャクチャカッコよかったです!!
もっと美人かと思っていたら、本当に恐ろしい顔のメドゥサでした
もともとはこういうのなんでしょうね、美女顔もいいけど強面もいいなぁ。
目光るとこ本当に怖いよ・・・。
弓を放つのがカッコイイ~!
やっぱりメドゥサには弓ですよね(^.^)
うーんやっぱり大好きだー!!
ずーっとメドゥサの生活を見ていたいよ・・・
3姉妹化け物にされるくだりもサービスで入れて欲しかったくらいカッコイイ。

他にも双頭の犬ディオスキロス(可愛い)
巨大はげ鷹とかペガサスとかいろいろハリーハウゼンの
可愛い生き物が出てきて最高でした
中でもメドゥサに並ぶ位良かったのが金属製のフクロウブーボーです
うう・・・金属製の生き物も可愛いなぁ
ハウゼンデザインじゃないみたいですが素晴らしかったです。


またまたモンスター達を堪能させてもらい大満足でした
しかし超個人的にはクラケン(クラーケン)のデザインが
あんまし思い描いていたクラケンではなかったんで
少し残念でした、
好きな怪物の一匹なんで・・・(^_^;)
クラケンって、他のメジャー怪物に比べるとネームバリューは
あるくせに姿形が結構物によってバラバラで
統一感の無いヤツですよね、オオダコの姿の者が一番多いのかな?
私が思い浮かべるのはタコみたいな触手持ちで
人型っぽい顔が付いているのがイメージなんですが
何を元にしてこのイメージになったのかは憶えていません(-_-;)

そんなイメージ持っていたので
この作品の半魚人っぽいヒューマノイド型はしっくりこなかったのでした
本当に超個人的な部分ですね。


しかし神話の神々のわがままっぷりには驚かされますよね
まぁだから多神教の神話って読み物として結構面白いんですけど
この映画でも神々には呆れっぱなしですが
お陰で楽しかったです
人間翻弄されっぱなし!!

特に人に勧めようとは思いませんが
怪物大好きな方は楽しめる作品かとおもいますよ。

OYATSU!

IMG_1927s-.jpg



「ねこぱんち」別冊
「OYATSUねこぱんち」本日発売です。

コンビニのローソンとファミリーマート限定発売とのこと
なので書店や他のコンビニでの取り扱いがありませんので
お気をつけください。

ここで四苦八苦してた4コマが掲載されています(^_^;)
無事掲載されました~


変わった誌面構成で1ページに4コマ1本という形で
どんなんだろう・・・と思っていましたが
個人的には凄くいい!と感じました
4コマ漫画読むの大好きなんですが、ページ単位の情報量が
多いので結構疲れを感じたりするんですが
この形だとゆったりしてて、作品に余韻を持たせられて
凄く良かったです。


グンテとお姉さまが最高に可愛かったです特にお姉さまが・・・(^^)
続き読みたいなぁ。

よろしくです。

展示用イラスト。

Image084.jpg



合同展示用イラスト描いています。
ボケボケの画像はペン入れまで終わったところ
大きさはB3サイズ、イラスト描きの人や絵画やってる人からすると
全然大きくないと思うんですが
漫画者の私にはB3サイズはかなり大きな作品です
(漫画原稿はB4サイズ)
滅多にデカイのはやらないのでなんだか凄い面白いです
時間無いんで焦ってますがデカイ絵はテンションを上げてくれます。
これの次は少し小さいやつ着手するつもりだったんですけど
面白いんでもっとデカイのをやりたい気分です
でも保管場所とか考えるとA2位がせいぜいですかね
作業机も小さいしねぇ。


5日までにこれ完成したいんだけど・・・難しいかな(-_-;)
6月が超絶スケジュールかと思っていましたが
8月の方が恐ろしい事になってしまいました
忙しいときは忙しさを呼び込むなぁ・・・。



DMのコピーs-


ところで
この合同展示のDM送りつけてもいいよという
方がいらっしゃいましたら左下にあるメールフォームへ連絡くださいませ
(※住所&氏名はDM発送以外には使用いたしません)
よろしくお願いします。


プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: