ヨモギ団子。

yomogi.jpg



とてもヨモギ団子的ですが
サボテンのロホホラ翠冠玉です。

デカイ群生株を植え替えしようと鉢から抜き出して
土を払っていたら、ポロポロ子株が取れてしまいました('A`)

ロホホラの根っこは、まるでファンタジー物に出てくるマンドラゴラ
みたいな奇妙で、大きな塊になるんですけど
この子株達の根も既にデカク育ちすぎていて
そのままでは小さい鉢に移植出来なそうだったので、
意を決して塊根をザックリ切断して切りつめました。
ただ植え替えしようとしていただけだったのに、大掛かりな
手術になってしまってビビッています(´Д`|||)
ちゃんと根が出るといいけど・・・。






abokado.jpg


お猪口に入った梅酒的ですが、アボカドの種です。
いとうせいこう氏の「ボタニカル・ライフ」を読んで
どうやら種から育てられるらしいので、挑戦してみようと思います。
私も手抜きで水に半分浸しただけです・・・。
しかしデカイ種です、それだけで何だか異常にワクワクするから不思議です。




botanikaruraifu.jpg
いとうせいこう著/「ボタニカル・ライフ」/新潮文庫

これがアボカドを植えてみようと思う気持ちを盛り上げてくれた
いとうせいこう氏の本。
植物に情熱をそそぐ「ベランダー」である氏の毎日を日記形式で
綴っています。面白いです(´Д`)





mishixyou.jpg
3月10日に蒔いたサボテンの種。
結構芽が出てきました。
「黒刺小平丸」「魔天竜」「銀冠玉」「兜」

「兜」と「銀冠玉」は冬に蒔いたのも無事育ってますが
また蒔いてしまいました・・・( ;´Д`)


実生が楽しすぎてやめられません。










エンドレス。

久しぶりに新潮文庫の本を何冊か買ったので
「Yonda?Club」に応募しようかと、応募券を本から切り抜いて
応募シートにペタペタ貼りました。






yonda.jpg
応募券さえ集めれば必ずグッズが貰える、お馴染みのコレ。





貼っていると
何だか前にもこの作業やったような・・・?
猛烈にデジャヴを感じました。

本棚に元々あった新潮文庫を見ると、どれも応募券が切り取られている・・・。






「1,2年前にも集めようとしてこの作業やったわ!!」(゚Д゚)


薄っすら記憶が蘇ってきました、
たしか今と同じように「マグカップか時計が欲しいんだぜ・・」
と思って結構ペタペタ貼った気がします。
そしてその応募シートをどこにしまったのかは全く記憶にありません(´Д`)



今回もきっとかなりの高確率でシートの存在を忘れるでしょう。
そしてまたいつか気が向いて、新しいシートにペタペタ応募券貼る
自分の姿が目に浮かぶようです・・・。


いつか手に入るか!?マグカップ!






魂こめる。

桜が咲き誇ってるのに、こちらはまるで冬みたいな寒さです。
春物のジャケット羽織って家を出たのに
あまりの寒さに引き返して、冬物のブルゾンに着替えて出直しました。
さすがに冬中着倒したブルゾンに飽き飽きです('A`)



藍色劇場の小樹藍りんさんと2回目の合同誌の打ち合わせに行ってきました。
今回で大分具体的なめどが付いたので、創作作業に移れます、よかった!



そういえば自分が漫画を再開して、まずやらなくてはいけなかったのに
今だにクリア出来ていない(何の為に戻って来たんだ!)
自分の作品の足らない箇所をズバリ指摘され
動揺が隠せないほど挙動不審になりました(´Д`|||)
うお~
その通りですーーーー!!

物凄く頭と心臓が痛かったですが
ハッとさせられました、ビビッてないでやらないとな・・・。

なんかブログ読んでくれてる方には抽象的すぎてすみません
合同誌でここで書いた事の結果を出せればと思ってます( ;´Д`)



小樹藍さんと別れた後、例によって一人反省会をするべく
一杯飲んで帰ろうと街をうろついていたんですが、
「フィギュアスケート見たいんだったー!!」(゚Д゚)
とすんでのところで思い出し帰りました、危ない危ない!
(鈴木さんの滑走見られず!残念!)

しかし気になっていたワインが安売りしていたので
すかさず購入。






Image163.jpg
黒猫ラベルが超モダン。





さぁ、コレ飲んだらやりますか~!








数年越し。

ずっといつか入手しよう、しよう・・・と思っていた本を
ようやく購入しました~!!






ひげよさらば
「ひげよ、さらば」上野瞭著、理論社




思えば数年越し・・・
なんでそんなになかなか購入しなかったかというと
超分厚いんですよ~この本。
約800ページに及ぶハードカバー本は辞書並みのボリューム・・・。
本屋で目にする時はいつも、既に買い物した荷物で両手がふさがっていたり
この後用事があるから持ち歩くのはきついな、とか
遠い町の本屋だったりして持って帰るのキツイな、とか
単純に持ち合わせがなかったり( ;´Д`)
そういう物こそネットで買えばいいんですが、正直普段忘れていて
本屋で目にすると「あ、欲しいんだった!」と思い出すのです。
それを延々繰り返していて、半分この作品と自分は縁がないのかもしれない・・・とか
思っていた位なんですが
先日ようやく意を決して購入しました~!
その時は遠い地の本屋で、雨がガンガン降っていて
おまけにその後すぐ帰らない、という今までの中で一番の悪条件でしたが
入手しました!
今日購入しないなら、もう一生買わないんじゃないかって
おかしな迫るものを感じちゃって・・・( ;´Д`)


動物の物語は大好きで、多分読み物の中で一番好きです。
命のやり取りがあるせいもあってか、児童物でも
深くて読み応えあるんですよ、単純に冒険物としても凄く面白いし、
動物はなんでもいいです。


「ひげよ、さらば」はようやく手に入れたので
もったいぶって読もうと思います。
もったいぶるまでもなく、超ボリュームなのでなかなか読み進みませんが(´Д`)
読むのあんまり早くないですし。

猫達がいいなぁ~カッコイイ。
まだ5章ですがなんか猛烈にドキドキしています
重いの持って帰ったかいがありました
しばらく楽しめそうです。







近未来少年達と植物。

5月のコミティア合わせの漫画のネタが
何となく絞れてきました。


友人に「そんなに植物が好きなら植物の漫画描けばいいじゃん」
と言われ、当初はそんな漫画にするほど植物の知識無いし、初心者だし・・・と思っていて
(植物育成漫画のようなものを考えていた)
無いな・・・と思い込んでいたんですが
しかし頭から「植物、漫画」のキーワードが離れなくてモンモンとしていたら
別に育成漫画じゃなくてもいいのか!とある日遅ればせながら気が付き
まるで霧が晴れたかのような気分になりました。
「植物を漫画で描いていいんだ!うわ~マジか~!?」猛烈にテンション上がりました。
なら何を描こう・・・とアレコレ妄想していたんですが
思い立ったら色々描きたいのが出てきて
「どんだけ植物に夢中なんだ・・・自分」とあきれたりしました。

色々出てきた中で
ようやく一つに絞れそうです(*´Д`)




人の言葉で思い立つ事って自分は本当に多いです。
そもそも猫の漫画を描いてみよう、と思い立ったのも
かつての仕事仲間の一言で
多分猫の話ばっかりしていたんでしょうね( ;´Д`)
「そんなに猫が好きなら猫漫画描けばいいじゃん!」と
言われたのがきっかけでした。
古くから私の漫画を読んでくれている方は知っていると思いますが
猫漫画とは無縁の作品を描く人間で
猫漫画自体読むのは好きでしたが、自分が描いてみようとは
一度も考えた事も想像した事もありませんでした
完全に別世界のジャンルだと考えていました。
友人に言われた時も「はぁ?自分が猫漫画描くなんて無理だよ」
と思ったのですが
その一言はいつまでも自分の中に存在していて
そのうちに
「死んでしまったベリーとコジロウ愛くるしさをどうにか世の中に広める
方法はないものだろうか・・・」
という凄くアホみたいな気持ちがきっかけで
二匹をモデルに猫漫画を一本描いてみるか・・・と描いてみたのが
「ジロとジェラルド」の始まりだったりします。


人の言葉全てを拾っていたら収拾つかなくなりますが
思いもよらない衝撃を与えてくれるので
本当にいつもお世話になっています
ただ脳内で自分がノッてくるまで、凄く時間がかかる人間なので
もう少しフットワーク軽くならないもんだろうかと思います。









春のフェアー。

池袋西武屋上、鶴仙園の
「春のサボテン・多肉植物フェアー」に行ってきました。
(3月20~29日まで)


初日に行くつもりだったんですが何となくダラダラ
してるうちに数日スルーしてしまいました。
連休最終日にようやく足を運びましたが街中だけでなく鶴仙園内も
かなり賑わっていました、天気も良かったですしね。
「負けてられない・・・」と思って目をギラギラさせながら物色。






購入品
左:リトープスC91スザンナエ 中:サボテン、ラウシー 右リトープスC33紫勲


 
ギラギラ長時間物色していた割にはあっさりめですね。
もう少しサボテンを買うつもりでいたんですが
漠然と「気になるのがあったら買おう」という気持ちで行ったせいか
魅力的なのは沢山あったんですが決め切れなくて
唯一決めていたラウシーのみ購入で済ませました。
なにも無理やり今日買わなくても、シーズンは始まったばかりですからね~

ラウシーは凄く欲しくて半年位前、某大手通販会社から購入したんですが
色々合わせて数鉢買ったうちの半分位状態が凄く悪くて('A`)
兜なんて「どう育てたらここまで腰折れするんだろうか?」って位ベッコベコに
腰折れしたのが届きました(´Д`|||)ヒー
ラウシーも根がこじれているのか、全く水を吸ってない様で
フニャフニャとして生気が無く、今現在思い切って根っこをバッサリ切って
様子見中です(多分回復しなそう)
サボテン専門業者じゃないから状態が怪しいかな・・・と不安があったけど
欲しい種類がまとめてあったので一か八か利用してみよう!と賭けだったんですが
案の定駄目でした・・・
すごくガッカリしましたが勉強代だったと思っています( ;´Д`)
今後通販ではサボテン専門業者以外からは絶対購入しないと
心に決めました。


そんな経過もあって念願の健康なラウシーです
赤紫の肌がカッコイイです。






あと
サボテンの植え替えもしました。


ティッシュ掛け

しばらく強い日差しを避けるためにティッシュをかけています。

いや~初めての本格的なサボテンの冬越しでしたが
呆れる程に駄目駄目でした~
鉢から抜いたら殆どのサボテンがネジラミにやられていました
あとアカダニ被害も結構沢山('A`)
来年は健康に越冬できるように色々作を講じようと思います。






女だらけ。

ちょっとサボったりしながらも
続いています、ジョギング。





走りs-




私は夜近所の大きな公園で走っていて、
この時間走ってるのは男性が多いんですが
金曜と土曜の夜はほぼ男性の姿は消えます
きっと飲みに行ってるんだろうなぁ~とか考えて
ちょっと羨ましくなります(´Д`)





妖しい建物。

子供の頃から気になってる建物があります
梵寿綱氏の建築物です。

有名な方なのでご存知の方も多いかと思いますが
なんか夢に出てきた建物を本当に忠実に形にしちゃいました☆って
感じの、日本に存在しているのが何かの間違いとしか思えない
建物を作り出す方です。
解りやすいたとえをするとスペインのガウディの建物みたいな感じです。
日本のガウディって言われてるみたいですね。


なんで子供の頃から知っているのかというと
わりと近所に氏のマンションがあるからで
勿論インターネットで調べるまで、誰がデザインしたものか等の
情報は知りませんでしたが、長いこと
「なんか異世界みたいなマンションがある・・・」と思っていました。
調べると氏のデザインしたものの中では割とおとなしめみたいですが
それでも十分に妖しくて、普通の住宅街に「何この強いエネルギー持つ建物」という感じで
一瞬見ただけで心を奪われる事間違い無しです。




いつまで経っても前を通る度にメチャクチャじろじろ眺めてしまいます
普通のマンションならこれだけ見つめたら完全に不審者ですが
何しろ妖しすぎる外観のマンションなので、ジロジロ見まくっても
大して不審者っぽくないです。
こんな所で暮らしている人間が居るなんて羨ましい限りで
そして不思議だな・・・と思います。
たまたま住人を目撃した事が無いので
何か本当に人間が住んで居るんだろうか・・って妄想がいまだに有ったりします
何しろ子供の頃からの「妖しい建物」って認識だったもんですから
我ながらナイスロング妄想力です( ;´Д`)
多分アレです、魔界から来た的な人たちが人間のふりして
住んでるんだと思います。



10年位前ですが
池袋でたまたま氏のデザインの別のマンションを見つけた時
その時は仕事で外出中で、物凄いクレームのお客さんの元へ足を運んで
頭下げに行った帰りだったんですけど、見た瞬間完全に意識を魔界に飛ばしていました
池袋のマンションも凄まじくカッコイイんだ(´Д`)
勿論ウロウロジロジロ見てきました、
お陰でブルーな気持ちが吹っ飛んだもんです
芸術は人を幸せにするんだなぁ・・・。


そんな氏の某マンションが今賃貸物件で出てるんですが
本当にコレ人間が借りれるんですかね?
実際自分に借りれる財力があったとしても
「憧れの異世界の内部に入り込んで日常を過ごす」・・・夢のようだ(゚Д゚)
と思う反面、「少し遠い所から眺め、妄想して過ごす」の方が幸せなんじゃないだろうか?とも
思うんですけどどうなんでしょう。
まぁ勿論借りる財力無いので、悩む必要全く無いんですが
そういう悩み含めての妄想です。





ねこぱんち43。

IMG_2398s-.jpg


ねこぱんち43「開花号」発売中です。
春らしい表紙ですね~


「ジロとジェラルド」今号は
当初の兄貴の謎をもう一度描いています
そういや兄貴はジロにとって謎多き人物(猫)でしたっけ・・・(´Д`)

よろしくお願いいたします。






妖しい魅惑の花。

変なタイトル付けましたが、あんまり妖しくないです
むしろかなり可愛いです。





IMG_2389s-.jpg
雪晃。


オレンジ色が愛らしい
しかも開花時期が長くて、かれこれ一週間以上咲いてくれています。
サボテンの花は皆とっても可愛いです。

この株買ったのは丁度一年位前なんですが
一年全く動きが無くて、機嫌いいのか悪いのかも判らず
クールすぎる・・・( ;´Д`)
って感じだったんですが、突然蕾を付けちゃんと生きていたんだ、と安心した株です。
雪晃は一株しか持ってないんですが、可愛くて好きなサボテンなので
もう一株位欲しいです。
花が黄色い黄雪晃というのが有るみたいなので、それを入手したいです。
掛け合わせたら何色の花になるんでしょ。






IMG_2394s-.jpg
縮玉。





先日購入したばかりの縮玉です。
早速咲いてくれました、
うう、何このサボテン花も凄くいい感じじゃない!!
魅力的なサボテンなんだなぁ~(´Д`)
すっかり虜になってしまいましたよ・・・
縮玉も幾つか欲しいです。






そろそろ春のサボテンフェアが始まりますね!
大した数は買えないので、何を入手しようかすでに悩みまくっています( ;´Д`)
最近は刺しが(トゲのことです)立派な奴に
心魅かれているんですが、可愛い系もいいしな・・・とか
なかなか決められません、でも凄く幸せです。





小石川植物園。

久々に好きなスポットの「小石川植物園」に行ってきました。

温室の資料が欲しかったからなんですが
今の時期殆どの植物が枯れていて、かなり寂しいですね・・・
梅だけが咲いていましたが、ちょっとタイミング遅かった感が。
でもさすがいろんな種類が植えられていて見ごたえありました。

いつ行ってもうっそうとした感じが最高の場所です。



IMG_2342s-.jpg
数ある桜の木のなかで一本だけ満開でした
名札見てくるのを忘れましたが、ソメイヨシノより若干濃い桜色。




IMG_2346s-.jpg
塗り替えしましたかね?
鮮やか過ぎるほど鮮やかな朱色になってました。




IMG_2350s-.jpg
一番好きなかりん林も寂しい姿。

IMG_0996s-.jpg
同じかりん林の5月の様子、美しい!


IMG_2363s-.jpg
目当ての温室。
没落貴族の個人の温室みたいな枯れ感が最高にいいんです。
真ん中の三角ドーム型の部分と、左側は入れなくなっていました
以前行った時は入れたのに残念です。




IMG_2366s-.jpg
蘭や食虫植物やエアプランツが盛りだくさんで興奮します。
真ん中がビオトープになっています、
いいなぁ~こんな風にやりたい!(*´Д`)




IMG_2376s-.jpg
エアプランツが 大量にぶら下がっています、羨ましい・・・。

温室内で暮らしたいな・・・と常々思っていたんですが
実際熱いのと湿度凄いのとで「暮らせないな・・・」('A`)
と思いました・・・当たり前ですかね。
暮らすのは無理にしても、やっぱり温室持つのは憧れですね。






記事と関係ないんですが
最近ブログ書いてる途中で記事が消えるんですよ
今日の記事書いてるあいだも6回も消えたし('A`)
毎回5回も6回も消えるんで、更新頻度が落ちてしまいました
原因は何なんですかね・・・困っています。






埋める猫。

すみません
猫のトイレでの話を書くのでお食事中の方は気を付けてください~( ;´Д`)





猫はトイレで用を済ますと、自分のしたものに砂をかけて
隠す習性がある動物です。







埋める。s-
何事も加減というものを知らないコジロウは
たまに埋める時は、砂を全部一箇所に集める勢いで盛っています、
いつも超山盛り。




猫のオシッコは凄く臭いです、体臭が無いのに何故だ!?って位の
アンモニア臭がします、寝てる時でも臭いで起きたりします(´Д`|||)

ベリーは晩年腎臓を悪くしたので、オシッコが全然臭くなくなって
(腎臓機能が低下してるせいで毒素を体外に出せないため)
それにすっかり慣れていたので、コジロウがやってきた時は
「猫のオシッコってこんなに臭かったのか~!!」と
かなりビビリました。
若いオス猫って事で、猫の中でも最も臭いがキツイようです
目にしみるなぁ~と思いつつ、健康ゆえか・・・と
ちょっと嬉しかったりします。
強烈ですけどね('A`)






広告のサボテン。

今朝のチラシに近所のホームセンターのものが入っていて
「花サボテン!」とサボテンが大きく載っていて、
サボテンがここのチラシで取り上げられてるのなんて初めて見たし、
大きくコーナー作ってくれてるのかな?
とワクワクしながら足を運んだら
いつものサボテン達が十数鉢、ふだんより目立つ前の方の棚に
並んでいるだけでした・・・





正直凄くショボい・・・('A`)



棚のスカスカ具合にやる気の無さを感じました・・・
まぁ仕方ないですね、華やかな鉢植えが並ぶこの時期に
サボテンが売れるとは思えないしなぁ~( ;´Д`)
何故広告に載せちゃったんだろうか・・・。







IMG_2336s-.jpg
ショボイとか言いながらも購入しました。



初めて本で見たときは
「ヒダヒダしていて気持ち悪いな・・・」なんて思っていた縮玉。
いや~めちゃくちゃ綺麗じゃないですかー
もう見とれてしまいました!なんという美しいヒダ、トゲも力強い感じでカッコイイし!
優雅さとカッコよさが同居した魅力的なサボテンですね
花芽が幾つか付いてるんですよ、ピンクの花が咲くらしいので
楽しみです(´Д`)
いや本当にこんなに綺麗とは思ってませんでした~
すっかり心を奪われました。








IMG_2331s-.jpg
いつか入手しよう、しよう・・・と思いながら
なかなか手を出さなかった帝玉。



リトープスと比べると少しグロイし(-_-;)愛くるしさに欠ける気がしていたのと
ちょっと大味だなと思ってたんですが
幾つか並ぶ帝玉の中でもひときわデカクて、異彩を放ちまくっていた
この鉢に吸い寄せられてしまって
気が付いたらレジに持って行ってました・・・。
私の握りこぶしより一回りデカイです、凄い存在感ですよ。
夜中に小鳥とかパクッと食べそうなビジュアルです。

真ん中からピョコっと飛び出てるのは花芽
花を付けた姿が結構愛嬌あるので、こちらも楽しみです。
リトープス以上に溶け易いと聞いているて、
こんなデカイのが溶けてるの目にしたらショック大きいと思うので( ;´Д`)
大切に育てたいと思います。



あと一週間か10日程したら
サボテンの春の一斉植え替えをするので
こいつらもその時植え替えしようと思います。
これも楽しみ!春っていいよね!







植物の本。

ここしばらくで購入していた植物関連の本です。





本1
さげさかのりこ著/「おじさんの畑は今日もにぎやか。」/PHPエディターズグループ



都会の真ん中の畑が気になっていた著者が
畑と畑を作るおじさんとの交流を日記形式にまとめた本です。
ブログが元になって書籍化したそうで、日記形式なのはその為なんですね。

畑を持ちたい願望はそんなに無いんですが
畑を持っている人の作業を見たいなぁ、という覗き願望みたいな気持ちはあったので
面白く読めました。
著者の方が農作業に詳しい人ではないので、興味引かれる部分が
共感しやすくて丁度いいです。
何故かファンタジーみたいな感じで読めます
でも本業で農家やってる人とかが読んだら、面白くも何ともないんだろうな(´Д`)

いや~でかい畑を手に入れたら自分ならどうしようかな
とりあえずデカイ温室を作ってサボテンハウスにするけど
せっかく地植えできるんだから、野菜とか作ってみたいかな。







本2
藤田雅矢著/「ひみつの植物」/WAVE出版
本の隣に置いてあるのは、表紙写真と同じハオルチアです。




結構前から気になっていたんですが、ようやく購入しました。
不思議な植物や変わった植物を、種類等関係なく幅広く紹介してくれます、
変わった植物好きならワクワクしながら読めるかと思います。
著者の子供の頃から植物に夢中だったんだな・・・という
エピソードがところどころ書かれてるんですが、ほほえましいです。

私が育てている、リトープスやエアプランツも変わった生態の植物として
紹介されています。
ピンクのタンポポとか存在すら知らなかった植物が沢山。
黄色だと菊っぽさ満載ですが、ピンクだとミニブーケに入っていても
いけるんじゃないか?って感じの可愛らしさですね。

あと朝顔の種類が膨大だということも初めて知りました。
もはや朝顔に見えないビジュアルの物とか、
コレクション性高そうだし、ハマったら抜け出せなくなりそうな世界ですね・・・
以前、普通の種類ですが毎年朝顔を植えていました。
マンションのベランダの柵に巻き付けると、最高に素敵!と思ってやっていたんですが
布団を干す際かなり邪魔でした・・・(´Д`)

色々心引かれる植物ばかりなんですが、
一番グッときたのは「幻の青いケシ」です!
薄いブルーの涼しげな見た目も美しいし、
高山性で栽培が難しくて、希少性が高いそうでしかもケシ・・・
何だか怪盗的な人が狙いを定めそうな逸品じゃないですか~(*´Д`)
妄想かきたてられました。
日本でも栽培している植物園があるみたいなので、いつか見に行ってみたいと
思います。






本3
監修/新井清彦/石田源次郎/「NHK趣味の園芸、新園芸相談5洋ラン」/日本放送出版協会




つい買ってしまいました
なんか最近






蘭もいいな・・・


と思えてきて・・・(*´Д`)

全く興味無い分野だったんですが
近所のホームセンターで、やけに肉肉しい異国感満載の
若干グロイともいえる蘭が並んでいて
なんかやけにカッコよかったんですよ・・・。
育て方も解らないし、気を静めるためにとりあえずこの本を買ってみました。

いや~いいね!蘭。
不気味な感じの物が好みだな、昔のホラー少女マンガに
「妖花」みたいな扱いで、鉢植えを置いてる部屋の住人の生気を吸い尽くすとかで
出てきてもなんの違和感も無いビジュアルのやつが
沢山居て心を鷲づかみされました。
数百円で買えるサボテンと違って(高いのもありますが)蘭は高いので
枯らすの覚悟で買う勇気がなかなか出ませんが
今度一鉢購入してみたいと思います、グロイ奴を。








春。

あっという間に3月、春ですね~
冬が終わるまでに毎日の走るペースを5キロにしたい、と
思っていたんですが、うーん・・・微妙です(´Д`)
5キロ走ってる事走ってるんですが、たまに4キロで済ます事もあるので・・。
あと1週間~10日位あれば多分完全になれるかと思います。
なかなか思ったようには増えていきません。


最近暖かかったせいもか、歩いてる人&走ってる人の数が
物凄く多いです、私は夜派なので
沢山人が居てくれると物騒でなくていいですが。
今日は特にに人が多くて、本当に夜の公園だろうか・・・と思う程でした。
とりあえず原稿がひと段落ついたら春用のウェアを買いに行こうと
思います。






ミルクジャム
全然関係ないけど最近ハマっているボンヌママンのミルクジャム。



うまい、旨すぎです(*´Д`)
練乳より濃厚な感じです、甘いパン食好きにはたまりません。
少し前に手作りの栗ジャムというのを人からいただいて、
あまりの旨さに栗ジャムを探していて、ボンヌママンからも栗ジャム出ていたんで
それを購入する際一緒に買ってみたんですが、
栗ジャムよりこちらにハマってしまいました( ;´Д`)
栗も美味しかったんですが、バニラビーンズの香りが付いていたりして
ちょっと上品な味すぎました。
もっと素朴な栗ジャムを探そうと思います。
うむむ、ジャム旨いです。










プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: