ウンベラータ。

少し前から
部屋の中にも緑があったらいいよな・・・
と思うようになり、今まで興味持っていなかった
観葉植物にも興味が出てきました。

色々調べてみると
「ウンベラータ」という観葉が(よくお洒落インテリアショップなどに
大きいのが飾られていたりします)
美しくて、大きくて凄くいいなぁ・・・と思ったんですが
結構なお値段で・・・('A`)
育てた事がない木に数万円出す勇気が無く
毎日ネットで見るだけにしていたんですが
某ホームセンターで、凄い小さいながらも(凄く安い)ちゃんと
ウンベラータな差し木を発見し購入しました(*´Д`)
自分で大きくすればいいじゃん!・・・と思い育成中です。





ウンベラータ



ヒョロヒョロで小さかったのが、1ヶ月半で大分大きくなってきました!
2鉢購入したので、両方共大きく育てたいです。
部屋内がウンベラータで多い尽くされるのが目標です。
まだまだ遠い道のりです。



部屋に飾りたくて購入した観葉植物ですが(他にもパキラやアンスリウム
等強健種を幾つか育成中)
対陰性があるとはいえ、やはり日に当ててやりたくて
日中は外の明るい日陰に置いてやっているので
殆ど室内で愛でる事はありません(´Д`)
まぁ冬取り込んでニヤニヤ楽しもうと思います。

たまに夜、室内に入れてやると凄くいいです
やっぱり部屋に緑があるというのはいいもんですね~。





あと
今狙っているのは「ベンガレンシス」という大きく育つ観葉で
美しくてカッコ良くて素晴らしいんですよ、しかしこれまた結構なお値段で・・・('A`)

近所のホームセンターに大きいのが居るんです、
行く度に眺めるだけで手が出ません。
これも小さいのが売っていれば自分で大きくするんだけどな・・・と
思っているんですが、今のところ小さいのに遭遇していません。
いつか入手したいと思います。




そんな感じでついに私の植物ライフも
観葉植物にやってきました。
いや~これも美しいし、凄く楽しいです
室内をジャングルにするには道のりは遠いいですが
頑張ります~(´Д`)









涼しい場所。

先日の記事に、
コジロウは熟睡時は押入れで寝てる。
と書いたんですが、さすがに最近の猛暑っぷりに
引きこもらなくなりました。






jiro28.jpg
家の一番風通しのいい部屋で一日中でダル~としています。


jiro26.jpg
顔、かなり丸いです。



jiro27.jpg
ダルそうに一瞥されました。





食欲は今のところ落ちていませんが
本格的な夏は始まったばかりですからね・・・
健康管理気を使ってやろうと思います、
しばらく彼にはしんどい日が続きますね。
頑張れ!コジロウ!






結局。

こちらは梅雨明けもし、かなり夏らしい暑さになってきました。

冬に比べたら温かいお茶を飲む回数は減りましたが
それでも日に1,2回は温かいのを飲みます。








お茶s-


飲むとやっぱり凄く美味しいんですけどね~いいお茶。
ついつい無意識にいつも飲むお茶に手が伸びてて
飲む時になると気が付くんですよね
たまにはいいヤツ淹れれば良かった・・・って(´Д`)

そんな訳でいいお茶は量が少なくても
なかなか無くならないです( ;´Д`)








最近面白かった漫画。

最近読んで最高に面白かった漫画です。






ハチワンダイバー
「ハチワンダイバー」集英社ヤングジャンプコミックス/柴田ヨクサル著



TVドラマにもなってたんですね
名前は聞いた事があったんですが、最近初めて読みました
相変わらず情報ずれていて申し訳ない(´Д`)

プロの棋士になる夢に敗れた主人公が
賭け将棋で生きていく真剣師の道を行く話です。


いや~
めちゃくちゃ面白いです!!
面白すぎて最近寝ても覚めてもこの漫画の事考えています・・・( ;´Д`)
面白い漫画は勿体無いので一気読みしないで、ゆっくり読みたいと思ってるんですが
我慢出来なくて9巻まで結構な勢いで読んでしまいました・・・('A`)
それでも一週間かけたんで、一日で読むとかに比べたら大分いいですかね。
続きは絶対もっとゆっくり読みます!







野田ともうします
「野田ともうします」講談社ワイドKCkiss/柘植文著





かなり前から本屋で平置きしてあったりで気になっていたんですが、
このところジャケ買いでイマイチ当たってなかったので
未読の漫画には警戒心が強くなっていて( ;´Д`)
何度も手にしては考え・・・を繰り返していた本なんですが
2巻の帯に書いてあった
「30歳になると決断しないといけませんねーオウムを飼うかどうかを
この一文で購入する決心が付きました(´Д`)
オウム好きなんでー。


いやー
これも最高に良かったです!
まず1巻のみ購入して、喫茶店で読んでいたんですが
「これは・・・凄くいい!」と思ってその足で2巻も買って帰った次第です。
地味な女子大生野田さんと、周囲の人たちの日常なんですが
地味ながら充実した青春です、友情です。
なんだか読んでて学生生活が羨ましくなりました。

変な邦題付けられて勿体無い映画「バス男」(電車男ではありません!)
これも地味な高校生達の青春と友情を描いた秀作なのですが
この映画を思い出しました。
華やかじゃなくったって、青春は存在している!

その映画も「野田ともうします」も華やかな学校生活を送った人にはもしかすると
ピンと来ないのかもしれませんが
地味な青春を送った人にはお勧めです
私は勿論、地味な青春送った一人です(^_^;)











堀り上げた。

球根



何かもじゃもじゃした謎の物体風ですが
球根です。

先日堀り上げました。

右の沢山あるのが、買ったままの状態で3年間放っておいた(-_-;)ムスカリ、
左が春に植えて花が終わった水仙。
ムスカリは去年はまだマシだったんですが
今年の春はさすがに小さい芽ばっかりで成長悪かったので
反省して掘り上げました。
自分が悪いとはいえ、3年放っておいた鉢の中を想像すると怖ろしくて
なんとなくスルーしていたんですが、
さすがにこのままでは強健のムスカリでも来シーズン生きてないと思い意を決しました。

案の定混沌としか言いようの無い怖ろしい事に・・・( ;´Д`)

購入時は4号鉢に6本のムスカリの芽が出ていたんですが
今回引っこ抜いたら何と
約50個にも及ぶ球根がわらわらと出てきました( ゚д゚ )ヒエー
半分以上が小指の爪半分にしかならない、極小の物ですが・・・

大きめの物だけ10個選びました。
来年は綺麗に咲かせたいと思います・・・。




水仙はムスカリにつられて掘り上げてしまったんですが
本を見たら球根がギュウギュウでなければ
2,3年埋めたままで大丈夫。と記載されていました('A`)

もう掘っちゃったんでこのまま保管して秋に植え付けします。














花いろいろ。

ちょっと前の写真ばかりですが
色々咲いていました。


緋牡丹錦
緋牡丹錦。


綺麗なクリーム色の大輪が咲くんですね
知りませんでした、いい色合いしています。
兜なんかは1日しか咲いてなかったのに、この緋牡丹錦は結構長く咲いていて
しばらく花を楽しめました。





カラー花
カラー。


五月に植えたカラーの球根、無事に大きく育って
こんな素敵な花を咲かせてくれました~
本当は黒い花(実際は花ではなく苞です)のが欲しくって、
ピンクの花はあんまり期待していなかったんですが
いや~なかなか可愛いかったです、ごめんよ( ;´Д`)
今はほぼ葉っぱだけになってしまいました
来年も咲かせる為に球根育てます。





ハードリーフ花
エアプランツ、ストリクタハードリーフ。



エアプランツも花を付けました。
ハードリーフといって、葉っぱが硬い種類で
床に落としたりすると葉っぱがボキボキ折れる事があるので
要注意の種類です(´Д`|||) だいぶ折れてしまいました・・・
二つ同時に咲きました。
しかしエアプランツはどれも
思わず期待せずにはいられない大きな花芽を伸ばし膨らませておいて
どれもピョコッとしたショボイ感じの花を咲かせる
可愛い奴です。





それと
先日つい勢いで購入した「ハエトリ草」なんですが、
買ってすぐに葉が黒く変色し始めて、日毎に一枚一枚枯れていき
これはもう駄目かも・・・と思っていたんですが
すんでのところで留まって持ち直したようです
最近黒枯れも止まり、新しい芽も伸びてきました!
一安心です( ;´Д`)マジあせりました。
私が今まで育てていたのは、あまり水を必要としない種類の植物が多かったので
ハエトリ草は水を毎日ざぶざぶやって日にガンガン当てた方が
いいみたいなので、毎日水遣りという習慣が付いていなくて
ついつい忘れてしまいそうでかなりビビッています。
先日晴れた日に1日水遣りを忘れたら、夕方くたっとしていて
超焦りました(((( ;゚д゚)))
まだまだ未知の分野の食虫ですが
その愛らしさに多分ハマり始めています・・・
ハエトリ草の大きいやつと「サラセニア」という種類のを
新たに入手してしまいました・・・。
絶対枯らしたく無いので油断しないで頑張りますよ~。








ペン入れ完成。

「Luno Teo.」準備号用の原稿描いています。





準備号
フルカラーなのでこれから色付けです。


いや~
なんだか上手く描けなくて、いつもの3倍位下描きに時間かかってしまいました
人間って本当に描くの難しい・・・
そして下描きが苦手すぎるよ自分。( ;´Д`)

普段自分じゃ思いつかないようなキャラを
描いたりするので、新鮮です。
色んな人と作業分担して物を作るってのも
なかなか面白いですね~、初めて知りました。
(「Luno Teo.」は複数の作家で世界やキャラを作っていく企画です)
一人足を引っ張らないように頑張ります。









まったりジロウ。

コジロウは普通の猫より毛深い長毛種なので、
肉球周辺も毛がボウボウです。
だからフローリングの床は滑るのでシャカシャカワタフタしながら
走っていますが、
寝転がるにはヒンヤリしていて最適みたいです。



IMG_2506s-.jpg

IMG_2505s-.jpg

IMG_2508s-.jpg





IMG_2512s-.jpg
一応じゅうたんの部屋には冷却マットを敷いています
しかしあられもない姿です・・・。
Lサイズのマットなんですが身体飛び出してますね
もう一つの冷却マットは彼がよく引きこもる押入れに敷いてあります。
熱いのに熟睡する時何故かよく入るんですよね・・・(´Д`)
暗くて静かで落ち着くみたいです。
身体がホッカホッカになりすぎると出てきます。








もう手放せない。

最近買った物の中で
「もう一生手放せない!!」と力強く思ったものがあります。



ホームベーカリーです~(´Д`)


昔から朝はパン食で、パンが大好きでした。
何年か前に友人から「パン好きならホームベーカリー楽だし、超いいよ!」と
聞いていたんですが、焼きたてパンが毎日食べられたらそりゃあ最高だけど
材料費かかりそうだしやっぱり面倒くさそうだし、最初ちょっと使っただけで
すぐに使わなくなりそう・・・('A`)
と思ってスルーしていたんですが、
数年越しについに焼きたてパンの魅力に
我慢できなくなってしまい購入してしまいました~!


いや~、すぐに使わなくなりそう・・・なんてのは杞憂でした(*´Д`)
あんなに迷っていたのは何だったんだ・・・。
2日毎に使っています、もう一生手放したく無いアイテムです
焼きたてパン最高です。
本当に全然面倒じゃなかったです、材料セットするだけで
勝手にこねて焼いてくれます、これを聞いた時は友人を信じられなかったんですが
(自分でこねるもんだと思っていました)マジでした・・・
すごいよホームベーカリー!
材料費も普通の食パンと同じ位しかかからないです。


ただ美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうのが
唯一のネックかもしれません・・・
私はパンを切ったら、今食べる分以外はすぐに冷凍庫に入れて
手を付けないようにする事で何とかしのいでいます。
半斤位ペロッといけてしまうので、本当に怖ろしいです。



あまりにもホームベーカリーに感動したので
熱く語ってみました。
本当に素晴らしいアイテムです(´Д`)
もう一生傍らに置いておくアイテムの一つに決めましたよ。







プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: