久々に家造りネタです。








DSC01191s-.jpg

私と旦那の部屋を仕切る扉を作る事に。

元々壁で仕切ってはいたんですが
特に扉は無く、私はそれで構わなかったんですが
旦那は「やっぱり扉も付けたい」と言い、適当なショボイ簡易扉をつけていたんですが
見てるだけでテンションが下がる代物だったので
「付けるならちゃんとしたのにしてくれ・・・」とお願いし、作る事になりました。







DSC01192s-.jpg

凄い散らかってる上に、スペースが無いので画像が近すぎで
見づらくてすみません・・・

左が私の部屋、右が旦那の部屋です。









DSC01193s-.jpg

扉はもう付けてあり、壁を作ってる段階です。








DSC01194s-_20141024005600f36.jpg

部屋の中に更に部屋があるような、トリッキーな造りになりました( ;´Д`)









DSC01196s-.jpg

・・・で、これが漆喰2度塗りして完成した状態。

凄くいい感じになりました(*´Д`)










DSC01197s-.jpg

完成画像もやっぱり距離が近くて判りにくくてすみません( ;´Д`)

この扉自体も旦那の自作です、結構いい感じに出来てると思います。
扉ってなかなか素敵なのが無い上に、アンティークの可愛いのとか
結構な値段なので、作ったようです。

扉左下の小さい正方形の穴は、猫の通るスペースです。
我が家は全ての部屋に猫ドアが付けてあります。










DSC01198s-.jpg

サンルーム側から撮ってみました。

左の壁面に猫がくつろげるように足場を付けようと考えていたんですが
結構いい感じに壁が出来てしまって、もったいない気がしてきて悩んでいます( ;´Д`)
私の部屋の壁面が有効利用されないで結構空いているので
そっちに付けるのもいいかなと。









DSC01199s-.jpg

ちなみに私が手伝ったのは漆喰塗りのみです( ;´Д`)
だいたいいつもヤスリがけとか仕上げっぽいところを手伝うくらいです。
もうちょっと手伝えたらいいんでしょうけど、
旦那は好き勝手にやってるので、多分求めてないと思います。
ただ家中の漆喰塗りをほぼ私だけでやってるので、我ながら漆喰塗りだけは本当に
素晴らしく上手になりました( ;´Д`)
最初の頃塗ったところは結構凸凹して素人が塗った感出てますが、
今や自分でも怖いくらいフラットに塗れるようになりました。








DSC01200s-.jpg

この扉がなかなか上手くできたので、玄関の扉も自作する事にしたようです。
これは室内なのでポリカーボネートや安い木材の軽い物ですが
ちゃんと強化ガラスを入れてちょっといい木材でやる予定。

家の外装はまだまだ当分手を付けられそうもないんですが
とりあえず扉だけでもいい感じの物に替えたいと、かなり以前から考えていたんですが
やはりなかなかいいのが見つからず・・・
とかぐだぐだやってたら、なんと先日作業中に玄関扉を建材で割ってしまったようで
今何と我が家の玄関ガラスにはデカイヒビが入っていますよ・・・orz
ただでさえ廃墟っぽいボロ屋だったのに、どう見ても本物の廃墟にレベルアップした感じに・・・
で、さすがにこれは早くやらねばまず過ぎる・・・と思ったみたいです。
室内扉が終わってすぐ、材木取り寄せて作業に取り掛かり始めました。
やる気だしてくれたなら良かったのかも・・・?
いや、やっぱ嫌だな・・・だって廃墟すぎるし・・・
いや~嫌がらせで誰かに割られたのかと思って焦りましたよ( ;´Д`)


我が家は元々1階が2件のお店だったので、玄関ドアも店舗仕様で
引き戸が2枚付いてる形なんですが
その大きさを活かした大きくてカッコイイ扉付けたいですね・・・
とにかく早く脱廃墟したいです( ;´Д`)

















10/24|家作り||トラックバック(0)TOP↑


先月後半、「コノフィツム」の仕立て直ししました。








DSC00957s-.jpg

コレが「コノフィツム」
まとわり付いてる茶色いのは脱皮した古い皮。

夏の間シワシワ茶色くなり、秋になるとその古い皮を破って
新芽が出てくるという変わった植物なんですが。
しばらく仕立て直ししてなかったもんで、根が木質化してるみたいで
勢いよく水を吸い上げる力が無いらしく、
脱皮期間があけても皮をバリバリ破って出てこない・・・
すっかり分頭もしなくなってるし・・・
(元気がいいと脱皮すると1つが2~3個に増えます)


なので仕立て直しすることにしました。









DSC00958s-.jpg

鉢から抜いたらこんな木みたいになってました。

これじゃ水吸わないね・・・


やらねばと去年から思っていたんですが、結構面倒な作業なので
見て見ぬふりして今年も過ごしてみましたが、やはりもう限界でした( ;´Д`)









DSC00959s-.jpg

こいつも









DSC00960s-.jpg

こんなに木みたいに。

ほぼバラして、根を付け根辺りまで切り詰め
2,3日根を乾かしてから植えつけます。








DSC01122s-.jpg

こんな感じに。

ほぼ全部バラすので全て植えると恐ろしい数になってしまうので
半分以上処分してしまいました・・・
今「勿体無かったかなぁ・・・」とかちょっと後悔したりしてますが
1個体が1株に成長すると考えると、やっぱ全部は無理だったよなぁ・・・と
言う事で、多分仕方ないですよね。
コノフィツム物凄い増えますからね・・・。









DSC01147s-_201410141718090c0.jpg

これは今日の画像。
3週間くらい経って、根がちゃんと出てきたものを鉢に植え替えました。
1鉢に2,3株ずつ植えてあります、頭数増えたら1株づつ植えます。

まだ3分の1位あまり発根していないのがあって、それもちゃんと根が出たら植え替えます。
・・・一気にコノフィツム持ちになりました~( ;´Д`)
種類同じのばっかだけど・・・・


同じ種類ばっかりなのはちょっと残念ですが、緑のマメみたいで
やっぱり可愛いですね。









DSC01123s-.jpg

これは今やってる「リトープス」の実生。

昔チャレンジしてみたんですけど、
結局みんな途中で溶けて、全滅させてしまい上手く行かなかった時の残りの種。
ガラクタの中から出てきました。


リトープスは種が古いと発芽しずらい、と聞いたことがあったので
かれこれ5年くらい前の種だし、無理だろう・・・と思いつつ蒔いたら










DSC01124s-.jpg

結構出てきました~

いや~古くても意外と発芽率いいですね。
駄目もとだったので土が適当なやつなんですが、上手く育つといいな・・・










DSC01126s-.jpg

今私の元にあるリトープス。
マメに買い集め、一時はこのカゴ2つ分あったのに
夏越しに失敗し少しづつ溶かし、
数年前からこれだけに減ってしまっています、失敗を反省してしばらく買い控えていました。
実生で少し増やしたいなぁ・・・









DSC01125s-.jpg

9月半ばに植え替えた「シクラメン」も新葉が出てきました。
もう1鉢あるんですが、それは芋部分がシオシオに、超小さくなってしまったので
一応新葉は出してますが、無理かもしれません。
シクラメンの芋は本当に可愛い。









DSC01127s-.jpg

「ビカクシダ」は夏もそだっていましたが
秋になってから、更にグングン成長しています。

株もとの「貯水葉」という丸い形の葉が、日々凄い勢いで育っていて
見ていて飽きません。











DSC01128s-.jpg

2株とも子株を3つくらい付けていて、来年には株分けしようかと思ってます。
子株付き易い種類みたいです。
ビカクは壁中に付けたいと思ってる位なので、沢山増えてくれるの
大歓迎です(*´Д`)










10/14|植物||トラックバック(0)TOP↑



蝶の標本の別の種類の物も出来ました~!






DSC01075s-.jpg

こんな感じ。

大き目の種類が多くて、見た目華やかになりました。
大きい蝶が多いので原寸より小さくなってるのが結構あります。
「オオムラサキ」の紫がなかなかいい感じに再現出来なくて
何回も修正していて時間がかかってしまいました。










DSC01074s-.jpg

部屋に置くと更にいい感じに・・・

箱の布貼りや裏の紙貼りも上手くなりました( ;´Д`)
もうたるみが出来たりしません!









DSC01072s-.jpg

カッコイイ~!












DSC01077s-.jpg

大型の蝶が多い2種目が華やかで、1種目がやたら地味に見えてきてしまったので
大型蝶1種増やしてレイアウトに変化をつけてみました。









DSC01079s-.jpg

最初のより華やかになった気がします。











DSC01080s-.jpg

両方並べてみる。

どこで写真撮ってるんだって感じですが・・・・( ;´Д`)
自然光が入ってくる場所があまり無いもので・・・。









DSC01085s-.jpg

いい感じじゃないですか~










DSC01082s-.jpg

とりあえず試行錯誤したテンプレートが完成したので
在庫を幾つか作ります。
蝶各種の簡単な説明を書いたペーパーも付けたいのでそれも作らなくてはです。

また進展あったらお知らせしますね。











10/11|製作||トラックバック(0)TOP↑



唐突ですが、
標本作りをしていました~。






DSC01055s-.jpg

ちょつと光が強すぎて白く飛んでますが・・・

こんな感じ。




(この画像額のガラスにカメラ構えてる自分が写ってしまってたので
凄い雑な処理で消しています( ;´Д`)心霊的なものではありません)








DSC01053s-.jpg

個別の物も作ってみました。

こっちはガラスと箱のサイズがうまく合わなかったので、ガラス抜いてます。









DSC01066s-.jpg

部屋に飾ったところ。


うーん、なかなか良く出来ました!
室内の明かりで見るとかなり本物っぽいです。








DSC01063s-.jpg

解っていたと思いますが、これはフェイクの標本です。

蝶の標本沢山欲しいなと以前から思っていたんですが
あくまでインテリアとして欲しいだけなので、それだけの為に
「本物の標本とは気の毒だな・・・」・・・とずっと思っていました。
(本物は滅茶苦茶綺麗ですけどね~)
でもフェイクの標本あまり売って無いんですよね。
1頭ずつのはたまに雑貨屋等で見かけるんですが
沢山並んでるのとか欲しいなと思いネット検索かけても、自分用にちょこっと
作ってる人はチラホラ居るようですが、がっつり作ってる人は見つけられなかったので
自分で作ってみる事にした訳です。


これは試作品の第1号なので、色味がいまいち鮮明じゃなかったり
箱の布張りがちょっとたわんでたり( ;´Д`)
甘い部分がいたるところにあるんですが、
今作ってる分は色味も鮮明になりもっといい感じになっています。










DSC01064s-.jpg

作りかけの蝶いっぱい。








DSC01059s-.jpg


4枚の羽が1枚1枚ちゃんと独立して動くようになっています・・・・
ただプリントするだけでは納得出来なかったので、アホみたいにこだわりました。
これが凄く難しかった!
本当はボディの色もそれぞれ本物の模様と同じにしたかったんですが
さすがにちょっと難しすぎました( ;´Д`)


蝶の大きさはほぼ実寸大にしていますが、箱に収める都合上
大きめの蝶は小さくなってるところもあります。


こんな感じです。
この1週間ずっとコレを試行錯誤しまくっていました( ;´Д`)
こんなに何度も物事に挑戦したの何年ぶりだろうか・・・と思う程です。
自分はフェイクのこういうの欲しかったので、他にも需要があるんでは?と
考えているんですがどうなのでしょうか?
一応販売するつもりで作ってるので、もし興味のある方がいらしたら
よろしくお願いいたします。
一応今のところ、大きい多種の物を2種類。
小さい個別の物は数種類作る予定でいます(こちらもちゃんとガラスはめるつもりです)


上手くできたらまたお知らせします~












10/06|製作||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」

私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg
「creema」
Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ
「minne」
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ
「iichi」
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ
ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド
jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。
コジロウ

2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。
タロウマル(まる男)
2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: