「白銀系妖精翅ピンブローチ」完成&お知らせ。



「白銀系妖精翅ピンブローチ」出品しました〜






DSC03677s.jpg

先日出した「黄金系妖精翅ピンブローチ」の色違いで翅脈が銀色です。
こちらは片翅バージョン。






DSC03680s.jpg

こちらは両翅バージョン。

銀色の翅の標本も出した事だし、ピンブローチも作ろうかな・・・と
考えていたら「銀色の物は作りませんか?」とリクエスト頂いたので
早速作りました。








DSC03684s.jpg

シルバーはこれからの季節に寒そうかな?と思っていましたが
雪のモチーフの物に合いそうな
冷たいイメージの色なのに、むしろ冬に合いそうなピンブローチになりました。
ここしばらくゴールド系のアクセサリーが主流なので
私もゴールド系を使う事が多いですが、シルバーもいいですね〜








DSC03682s.jpg

両翅バージョンはインパクトあるので結構目を引きますよ。








DSC03686s.jpg


DSC03687s.jpg


DSC03694s.jpg

帽子やストールに使うのがお勧めです〜


ピンブローチは下記の各販売サイトにて扱っていますので
よろしくお願いいたします。

minnne
creema
iichi





DSC03701.jpg

それから
今ブルーグレー色の箱の標本がほぼsoldout状態なのですが
実は同じ布が入手しにくくなってしまったので
別の色に変更しようと思っています。
長く使用してきて、とても好きな色合いで愛着がある生地でした。
同じ色の標本で揃えて下さっていた方には本当に大変申し訳ないのですが・・・

上の画像の小さいグリーンがかった色の布が今まで使用してきた布で
下の紺色が新しく使用する予定の布です。
深みのある紺色です、こちらもとても美しい上質な別珍です。
1週間以内には1種標本シリーズを紺色に変更して出品する予定です。
ミニ標本はまだ少し今までの色で在庫がありますが
こちらも無くなり次第変更していきます。

突然のお知らせで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。






「白銀系妖精翅1種標本」出品しました。





「白銀系妖精翅1種標本」出品しました。




DSC03651s.jpg

以前「妖精の翅の色違い等バージョンの違う物欲しい」と
リクエストいただいて、いいなと思いつつなかなか作れずにいましたが
色違い銀色バージョンならば難しい事無くいけるなと思い
作りました。

こちらはブルーグレーの箱の物。








DSC03654s.jpg

こちらはキナリの箱。

銀色の翅、シャープな印象で格好良いです(^o^)







DSC03649s.jpg

翅の膜の色が虹色とか作って欲しいとの素敵なリクエストもいただいて
凄く興味あるのですが、どうやれば虹色が出せるか
今のところ見当が付きません・・・(^_^;)

いつか作ってみたいです
美しいでしょうね〜






DSC03657s.jpg







DSC03665s.jpg

見えないけど(^0^;)付属のスタンドに立て掛けた所。





DSC03673s.jpg






DSC03635s.jpg

金色に比べたらちょっとあっさりにみえちゃうかな?と思い
翅は凝ったデザインにしてみました。
今までで一番作るのが大変な翅になりました(^◇^;)


各販売サイトで扱ってますのでよろしくお願いいたします。

minne
creema
iichi






「黄金系妖精翅ピンブローチ」出品しました。




気がつけば10月ももうすぐ終わり・・・
東京も急激に寒くなってきました、秋は「冬ごもりの支度をしなくては!」と
気持ちが焦ります。

秋は色々新作出すぞ〜!とか思っていたのに
現実は全然出せていません・・・
「もう雑貨製作辞めたのかな?」と思われていそうなレベル(^◇^;)

制作辞めたわけではありません(^0^;)
一応毎日在庫作りなどコツコツやっていたのです。
しかしいい加減新作出すなり何かしら動かないと
完全に忘れ去られてしまう!・・・と重い腰を上げました。








DSC03563s.jpg

以前記事で「ピンブローチ作る」宣言していた物を
ようやく出品いたしました〜
「黄金系妖精翅ピンブローチ(両翅)








DSC03567s.jpg

「黄金系妖精翅ピンブローチ(片翅)


2種類作りました。
こんなに出品が遅くなったのは、アクセサリーだからです。
身につける物は強度や安全性やら色々簡単には出せないなぁ〜・・
とかやっていたら数ヶ月経っていました・・・・(遅すぎぃ!)






DSC03570s.jpg

ピンブローチという物が個人的に好きなので
こうして自分で作ることが出来て、とても嬉しいです(^_^)
これからの季節、こんな風にストールやマフラーを留めるのに使うのが
お勧めです。







DSC03571s.jpg

シンプルなジャケットやいつもかぶる帽子に
ちょっと付けると雰囲気が変わって楽しめると思います。
お好みで色々使ってみてください!

針金と樹脂で出来ていて繊細な品物なので
鞄に付けることは残念ですがお勧めできません・・・。






DSC03585s.jpg

こちらの両翅バージョンは大きさの割にかなりインパクトあります。







DSC03589s.jpg

片翅の物はシンプルなので使いやすいかもしれません。









DSC03581s.jpg

どうしても付属の箱を作りたくて
箱制作で更に完成が遅くなりました(^◇^;)
なかなかしっくりくるサイズにならず
またよけいな木材をあれこれ購入してしまいましたよ・・・
どうしてもピンブローチは木の箱に入れたいという
謎のこだわりがあったのです。







DSC03583s.jpg

1、2枚目の画像に写っている箱が完成した専用ケース。
結構良い感じに出来ました!
こちらに入れてお届けいたします。



各販売サイトで扱っていますので
ピンブローチ是非よろしくお願いいたします〜

minne

creema

iichi


あと以前リクエストいただいていた「銀色の妖精の翅標本」
数日中には出品いたしますので、こちらもよろしくお願いいたします〜





サンルームに戻ったチランジア。





最近の園芸。


夏の前に手つかずだったサンルームの壁を作りました。



DSC03212s.jpg

4月の時点ではこんな感じ。
壁材張って無くて中の木材丸見え(^◇^;)
画素数低い画像だと何となくナチュラルな良い感じ(?)に見えなくもないけど
実際はむき出し木材でボロボロ、まさに廃屋でした。







DSC03548.jpg

今はこんな感じ。
ちゃんと壁板張って漆喰塗って綺麗になりました。
壁が白くなったらもの凄く明るくて綺麗になりましたよ!









DSC03549_20161014213744310.jpg

サンルーム改装中にチランジアを北側の狭いベランダに
置いていたのですが、これが結構チランジアに合っていて・・・
結局サンルームが完成しても夏の間は北側屋外に出していました。
真北向きで家の陰になる場所で、園芸には向かない場所なので
夏越しのシクラメンや亀甲竜達が休眠する場所にしか使って無かったのですが
チランジアは高めの場所に吊していたので、ほどほどに日陰&朝日は結構当たる・・・
そんな感じで今までで一番良い具合に夏越し出来ました(^◇^;)
やはりチラは戸外がいいんですね。





DSC03550.jpg

ただ北側で寒いのと、9月頃から日が当たらなってしまったので
少し前にサンルームに戻しました。
もっと寒くなったら自分の部屋に移動します
サンルームは冬は7度位まで下がるので・・・









DSC03551.jpg

ビカクシダを吊す場所が無くなってしまったので
何とかしたい・・・
今床に置いてるんですが、あれはやはり吊した方が何倍も格好良いです。








DSC03557.jpg

ここ半年位の間に購入したチランジアをいくつか。
「ストラミネア」
ちょっと高額だけど普及種でホームセンターでもたま〜に見かける「ストラミネア」
1年くらい前から凄く欲しくて、でも探し出すととたんに見つからなくなる不思議(^0^;)
見つかってもイマイチ状態が悪かったりとか・・・で
ようやく「オザキフラワーパーク」で見つけたイメージ通りで健康的な個体。

ちょっと予算より高く付きましたが、植物は逃すと二度と会えない一期一会なので
気に入ったら購入すると決めています。
色といい形といいとても美しいです、とっておきのコルク板に付けました。
コルクは意外にもハンズでとても安く買えます。







DSC03558.jpg

「パレアセア」のクランプ(群生)。
1株の物を買おうと思っていたのですが、とても格好良いクランプだったので
思い切って購入。
1個体を育てて増やすのが好きなので、クランプ状態の株を購入したの
これが初めてです、初めから有る程度出来上がってるのもなかなか良いですね。







DSC03559.jpg

「アエラントス」
これは最近購入した株ではなく、チランジア始めたばかりの本当に初期に
購入した株です、下の画像が7年前の姿。

IMG_1476s-.jpg

今はもうこの画像の部分は枯れてしまって
その子株の子株が6個のクランプになっています、それが上の画像の今現在の状態です。









DSC03560.jpg

「セルーレア」
初め下向きに吊していましたが、水が株元にたまる形状じゃないので
逆さにする必要が無いと気づき、途中から正常な向きに変えたので
株がU字に育ってしまいました・・・(^^;)
地味な存在ですが結構お気に入り。









DSC03561.jpg

「ガルドネリイ」
葉が成長すると下向きに折れ曲がるんですよ・・・
何とも不思議で格好良い種で大好きです。








DSC03562.jpg

「ウスネオイデス」
ここ数年環境が合ったようで、モサモサ増えまくっています(^_^)
以前は上手く増やせなかったのでとても嬉しい・・・
こんなのが4束ほどあります、今年は種も沢山付けました
数ヶ月〜数年?程で種の入った鞘がはじけるらしいので
種が取れたらそれも育ててみたいです。

本当にウスネカーテン出来そうな位の勢いで増えていますが
あまり数が増えると水やりが大変なのでどうするか悩んでいます・・・
やはり大変でも憧れのウスネカーテンやってみるべきか・・・



園芸者お楽しみの季節の秋が前半雨ばかりで
正直楽しさ半減でしたが、相変わらず園芸やっています〜



「マンドラゴラ氏の標本。」






とっくに完成していた「マンドラゴラ氏の標本。」
ようやく出品しました〜(^0^;)






DSC03527s.jpg

たくさんの標本と並べたい・・・・


もちろんいつもの通り、専用の標本箱もお手製です。
箱も付いてきますよ!








DSC03533s.jpg

ケース内で立てることが出来ます。
ケースから取り出すことも出来ますよ。







DSC03534s.jpg

手のひらに乗せたところ
結構可愛いんですよコレが。







DSC03536s.jpg

哀愁漂う後ろ姿。








DSC03538s.jpg

写真が下手なんでいまいち伝わりませんが
ドールフィニッシャーで仕上げ、磨いているので
ツヤツヤしていますよ。






一応値段付けて販売にしていますが
売れるのかな・・・・・?(^◇^;)
インパクトある見た目なので、人寄せとして頑張ってもらいたいと
彼には期待しています!


下記の販売サイトで出品しています
よろしくお願いいたします〜

minne

creema

iichi







久しぶりに漫画。




久しぶりに、いや、本当に久しぶりに
漫画掲載されました〜








DSC03526.jpg

とは言っても過去の漫画の再録なのですが・・・
今発売の「10周年猫ぱんち特別号」に
「ジロとジェラルド」4話32ページ掲載されています。
先に書いた通り、新作ではなく再録ですのでお気を付けくださいませ。




コミックス化なんて勿論されていませんし
もう人様に「ジロとジェラルド」を読んで貰える機会ほぼ無いな〜・・・
と思っていたので、このような再録という機会をいただけてとても嬉しいです(^_^)

それにしても猫ぱんち10周年なんですね〜
私は先猫を亡くして、傷心で猫恋しさが限界の時にこの雑誌に出会って
本当に気持ちが救われたので、
最近離れてしまっては居ますが陰ながら
10年続いていることをとても嬉しく思っています。
今でも表紙を見ると当時の事を思い出して、ちょっとキュンときますよ・・・(^0^;)


そんな訳で昔の自分の漫画は少し気恥ずかしいですが
「10周年猫ぱんち」是非よろしくお願いいたします〜










もろもろ在庫補充します。





久しぶりの更新ですが
元気です(^0^;)






DSC03045s_20160824013856cf2.jpg



DSC03075s_20160824013855139.jpg

この数日中に在庫切れしていた標本を色々と補充します。
上の画像の6個セットは本当に久しぶりに作りました・・・








DSC02720s_201608240141058be.jpg



DSC02716s_20160824014106f66.jpg

このA5サイズ妖精の翅標本は
翅完成〜後は組み付けるだけ・・・と思ったら
間違えて同じ方向の翅を幾つか作っている事に気が付き
反対方向の翅をただ今作り直しています(^◇^;)
たまに間違えてしまうんですよね・・・気をつけてるつもりなのに
ちょこちょこ「乾かす」行程が入るので完成までに時間が掛かるので
最後に間違いに気がつくとショック大きいです・・・
こちらも数日中に補充いたします。




それからよく妖精の翅を「アクセサリーに出来ませんか?」と
問い合わせいただいていて、
かねてから何か身につけられるアイテムを作れないかと考えていましたが
耐久性や退色、アレルギーなどの問題が難しく、なかなか売り物に出来る気がせず
1歩踏み出せずにいましたが
試しに作ったピンブローチならいけそうだと判断しましたので
こちらも近いうち出品いたしますので是非見てやってください。
ピンブローチって個人的に結構好きなアイテムなんですよね・・・


あと「マンドラゴラ氏」もいい加減そろそろ出します(^◇^;)










「黄金系妖精翅1種標本半透明」出品しました。








久しぶりの新作です。






DSC03486s.jpg

「黄金系妖精翅1種標本半透明」
いつもの妖精の翅シリーズで、密かに人気の半透明バージョン1種標本です。
ずっと作ろうと思っていたのをようやく形にしました。








DSC03484s.jpg

透明の翅よりちょっとリアルで、怪しい感じが魅力の半透明の翅です。
ミニタイプで1つだけ出していたんですが、結構人気なので
翅が対の標本も作ろう・・・と思ったまま長い時が経っていました。

ちょっと今の季節に暑苦しい色合いのブルーグレーの箱は
選ばれにくいかもしれませんが(^_^;)
とてもいい雰囲気です。










DSC03477s.jpg

キナリバージョン。

キナリはブルーグレーと比べると半透明が少し判りにくいかもしれません。
近寄ってみると・・・・










DSC03479s.jpg

おお、なるほど半透明です(^_^)








DSC03473s.jpg

夏に琴線に触れるような涼しげなバージョンも何か考えようかな・・・
ガラス主体のケースとか良さそう。










DSC03467s.jpg

アップ。



色々な物を同時に手がけて、全部なかなか進まないという
駄目な流れにはまってしまっています!!
マンドラゴラ氏ももうほんの少しで完成なのに作業止まってるし(__;)
妖精の翅の6個セットももう一度再販しようと考えていて
本体はとっくの前に出来て居るんですが、ケースを作る作業に全くテンション上がらず
止まっています・・・
これは今の時期に合うように、ケースだけ涼しげな透明感ある物に変更して
再販するかもしれません・・・。
あともう1つ大がかりな妖精の翅シリーズを大分前から手がけてるんですが
難しくてなかなか上手く行かないせいもあってこれまた止まっております・・・

とりあえず全て仕上げる事が目標です・・・。






「黄金系妖精翅1種標本半透明」は各販売サイトから購入できます。

「minne」

「creema」

「iichi」

よろしくお願いいたします。










« Previous Page Next Page »

プロフィール

天野春彦坊

Author:天野春彦坊
元売れない漫画家
現在趣味で主に動植物の漫画を描いています。
フェイクの標本を作って販売等もしています。


ブログ内の画像の持ち出し、無断転載等ご遠慮下さい・・・・無いとは思いますが。

「コジロウの部屋。」


私の飼い猫コジロウの日常を綴った猫ブログもやっています。
本当にただの猫ブログですが、興味ある方は遊びにきてください。
  
k026wbn.jpg

「creema」

Creema |ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス - 販売・購入 -
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

「minne」

ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本、マグカップ等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。天野春彦坊ページ

「iichi」

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド雑貨販売サイト様。 蝶標本等販売してもらっています。 こちらから私のページに行けます。 天野春彦坊ページ

ベリー・オールド・フィッツ・ジェラルド

jerarudos-.jpg

大切な初代1993年5月生まれ享年14歳。ペルシャ猫♂「ジロとジェラルド」のモデル。心優しきナイスガイで温厚な紳士、見事な巨体&巨顔。 私が人生で出会った中でダントツNO.1の顔のデカさを誇る猫。

コジロウ


2007年3月生まれペルシャ猫オス
喧嘩っ早くて気が強い、恐ろしすぎる黒猫。 我が家の1番偉い存在。 滅茶苦茶空気が読める。
センサーライトが反応しにくいというステルス性能も 兼ね備えています。

タロウマル(まる男)

2013年1月20日生まれ 陽気でフレンドリー、細かいことは気にしない 器の大きいニューフェイス。 我が家のアイドル。 巨大貓メインクーンのオス。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: